ジャンプライズの飛びキング105HS 期待している使い方ができるか?

話題のジャンプライズの飛びキング105HS。



早速、購入してみました。

ルアーウエイトが44グラム。サーフで使用するルアーではかなりの重量。

過去記事:ジャンプライズの飛びキング? ぶっ飛び君やかっ飛び棒の兄弟???

かっ飛び棒は速攻の根掛かりロストで、その後は追加購入せず。ぶっ飛び君はたまには使うが、ご近所サーフでは使う頻度が極めて少ない。理由は、水深のあるサーフでは着底までが掛かりすぎるので、手返し良く攻めることができないことと、着底が分かりにくいことが主な理由。飛距離をはじめとした性能の良さは認めるが、正直言って、今のオレには必要性がかなり低い。

そこでこの飛びキング105HS。期待しているのは、このサイズ感でメタルジグ以上の飛距離と言われている点。「メタルジグ以上」とまで豪語しているわけだから、それなりの自信があるのでしょう。着底感もありそうだから、ご近所サーフでも有効そう。

樹脂製プラグなのでジグとは異なる動きができるだろうから、攻めの変化点をつける意味でも期待ができる。

さぁ、パッケージから出してみましょうかね!

スポンサーリンク

飛びキング105HS 持った感じと外観

飛びキング105HS、パッケージから取り出してみての最初の印象は?


サイズの割には、ずっしりと重く、密に詰まっているような感じ。これまでの樹脂製プラグでは無かった、この質量感。

リアのトレブルフックが標準装備。ここは上向きシングルフック仕様にしないと、根掛かりがキツイご近所サーフで使用するのは厳しいな。

この飛びキング105HS、フロントにフックを付けないところが逆に好印象。

「ヒラメ用ルアー」と謳っているものは、やたらとフックを多く付けたがるが、そんなもん、アシストフックすらいらんだろと思っているうちの一人である。ショアスロージグだって、リアにフックが無いことが原因のミスバイトとかバラしたとかという経験は無いしね。一般的に「ヒラメは噛みつき型」という固定観念が先行してしまっているような気がする。

飛びキング105HSを正面から見てみると・・・


リップ形状は台形型、ボディは長方形をしており、メタルジグには無いフォールアクションも期待できるか?

スポンサーリンク

プレスベイト85では役不足

実は以前より、ショアスロージグとは全く質の異なるフォールアクションを、違う種類のメタルジグに求めるのではなく、樹脂製のジグミノー系に求めていた。その検討していたジグミノーの一つが、DUOのプレスベイト85。

リアフックをシングルフック仕様で、ご近所サーフにて試していたが、プレスベイトではかなり役不足。

重量も無いし、飛行姿勢も悪いので、飛距離もイマイチ。着底感は分かりづらい、浮き上りが早すぎるで、サーフで使用するには満足いくものではなかった。せいぜい使うとしても凪の日限定というくらい、汎用性は高いモノではなかった。

とはいえ、樹脂製プラグでも満足できる飛距離を有するぶっ飛びでは沈みが遅すぎる。かっ飛び棒は更に沈みが遅く、飛距離は確かに出るが、更に沈みが遅く、キャストごとにムラが出る。いずれも水深の浅いサーフでの使用では良いとは思うが、急深サーフの底物狙いには使い勝手が良いとは言えなかった。

さすがに樹脂製のものになると、途端に使用感が悪くなる。やはりメタル素材でないと厳しいのかな~と諦めかけていたが、この飛びキング105HSで「ジグ並みの飛距離」どころか、「ジグ以上の飛距離」を謳っているくらいなので、これならば自分の目指していることができるような気がする。

まとめ

いつも発売と同時に人気となるジャンプライズの「飛び」シリーズ。この飛びキング105HSは、かなり使い勝手が良さそうな気がする。このずっしりとした質量感がそう思わせてくれる。

ルアーウェイトが44グラムとそれなりの重量だが、ワイルドコンタクト1000ならば問題なく扱えるだろう。逆に飛距離がどれだけ出るのか、使うのが楽しみである。

ショアスロー的な使い方だけでなく、タダ巻きでも良さげな動きをするのだろう。その部分でも期待している。

ジャンプライズの「飛び」シリーズは自分にとって使用頻度は多くはないが、基本性能が優れているのは、このひねくれ者の不肖ゆたりなも認めるところ。

これでまた根掛かりロストしたら・・・もう目も当てられない。大事に扱わねば!

これからのヒラメ,マゴチ狙いに、この飛びキング105HS、今後検討していきますよ。実使用でのインプレッションはまた後日!
 
 
※飛びキング105HS記事一覧はこちら

スポンサーリンク