ショアタイラバ オレ的一考

今年の流行語大賞候補に、例の元国会議員が発した「ちーがーうーだーろー!」が上がっているようだ。

どっちかというと、世間一般の感覚では、「このハゲーッ!」の方だったと認識してるのだが・・・全国に何万人その筋の方がおられるのか定かではないが、さすがにそちらの方々には申し訳なく、流行語大賞には選びにくいか・・・(´Д`)ハァ…

他にも、うちのゆたゆたがとうとうやらずじまいで終わった「うんこかん字ドリル」もノミネートされているようだ。

「うんこかん字ドリル」が流行語大賞に選ばれたら、もう一度ゆたゆたに促してみようかな?

スポンサーリンク

話は変わって、今回は「ショアタイラバ」について考えてみた。

先日のご近所サーフ釣行ネタにもちょろっと入れてはいたが、当ブログへちょくちょくコメントをいただくJyabihoさんより、ショアタイラバを勧められた。

チャターベイト飽きたら是非タイラバを投げて見てください
けっこう釣れます。
(Jyabihoさんからのコメント)

チャターベイト・・・飽きたというか、確かに「言われるほどの効果はないかな?」とは思いつつある。

ショアタイラバについては、過去にも検討しようかと思ったこともあったが、その時は「既存のラインナップで充分だろう」という考えもあり、敢えて検討はしてこなかった。


また、タイラバに似たシマノの炎月投式が、数年前に地元である西湘サーフで大ブレークした。

流行りものが大嫌いな天邪鬼的な考えもあったが、当時は「西湘でヒラメを釣るには、炎月投式にカスタムは不可欠」とか煽って、理屈の根拠もなく、単にタコベイトだーチラシフックだーをやたらめったら取り付けりゃぁ釣れるみたいな風潮に白けていたというのも、敢えて検討してこなかった理由の一つ。ビラビラやテュルテュルを付ければ、なーんか釣れそうな気になってしまう、ある意味「釣りあるある」に乗っかってしまうのが嫌だったという、単なる頑固者でもあったわけだ。

確かに、タイラバはマダイだけでなく、今年の夏から力を入れているハタゲーにも有効であることは聞いていた。

純粋にハタへの効果を確認したいということもあるが、「あわよくばマダイもショアから釣れちゃうかも!」「実はマダイって、岸際にもいるかも!」という淡い期待感を持っているのも事実。

そこで今回は、ショアからのタイラバゲームについて、ショアからの釣り故に考えるべきこと等、現時点での自分の考えを述べてみたいと思う。

飛距離の課題は考えなくてもよさそう

先日使用してみた炎月投式。

使ってみての最初の印象は、「飛行姿勢がすこぶる良い」「タダ巻きでかなりゆらゆら泳ぐ」。「こんなに素晴らしいのに、なんで今まで使ってこなかったのだろう!」と後悔していた矢先・・・

更にJyabihoさんからコメントが。

これじゃなくて
マルの普通のタイラバで十分ですよ
そっちのが飛びますし
(Jyabihoさんからのコメント)

えっ、そーなの? Σ(゚Д゚) マルの普通のタイラバの方が飛ぶの???

そりゃそうか・・・単なる鉛玉なわけだから、そっちの方が飛ぶはずだわな。冷静に考えれば分かることか・・・(*´Д`)

それならば、別に飛行姿勢や飛距離ははなっから考える必要はないな。普通に飛ぶんだから。

ショアでは機動性が必要

オフショアの場合、船の機動力を活かして、広範囲に特定のターゲットを探ることができる。

一方、ショアの場合、探る範囲が限定される。探る範囲が限定されるが故、ターゲットを限定せず、その場で獲れる魚はあらゆる手段を駆使して獲るための「努力」をする。その「努力」というのが、ルアーローテーションになる。

目の前にナブラが立てば、青物狙いに切り替えたい。シーバスが回っていれば、すぐにミノーやバイブレーションで攻めてみたい。同じ攻めで何も変化が無ければ、ワームで底をネチネチに切り替えたい。

したがって、オレの場合、タイラバのみにこだわらず、ワーム,バイブレーション等、全く異なる動きのルアーで変化を効かせたルアーローテーションを素早くしたい。

要は、ショアで使用する場合、タイラバはあくまでも「数あるルアーの中の選択肢の一つ」という考えである。

それ故、切り替えが素早くできるスナップの使用が前提となる。

よって、最近流行りの遊動式ではなく、スナップで着脱可能な固定式タイプのタイラバがショアスタイルには最適と、今のところは考えている。

遊動式は固定式と比べてメリットが多いようだが・・・まぁ、まずは固定式を使ってみて、不都合が頻繁にあるようなら遊動式も検討してみましょうかね!

まずは機動性重視で固定式のタイラバから!

スポンサーリンク

まとめ

ショアタイラバについては、以上のようには考えている。今のところの感覚としては「けっこう単純なのかな」と。正直、あまり深くは考えていない。

タイラバというくらいだから、マダイが釣れちゃったらとっても嬉しいんだけど・・・まずはハタ狙いからチャレンジしてみましょうかね。

とはいえ、既にハタのシーズンは終盤に差し掛かっている。いつ頃までハタが釣れるのかの検討もする予定で入るが、同時にご近所サーフでのヒラメ,マゴチでも積極的に使ってみたいと思う。

さぁ、ショアタイラバの効果のほどは如何に? ( *´艸`)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    おはずかしながら
    Jyabihoです

    最近タイラバタングステンもあります。
    実はMJでタングステン作ったのはこれつかってみてでした

    • ゆたりな より:

      主役のJyabihoさん、コメントありがとうございます!

      タイラバのタングステンですと?それもちょっと気になりますね。

      ( ゚д゚)ハッ! さては・・・いろいろと無駄買いをさせる気では!

      近く、試してみたいと思います!

  2. かえるくん より:

    ボクもちょっと気になってます。
    ゆたりなさんの考察をお聞きしたいです。

    今後の展開を期待しております。

  3. ゆたりな より:

    かえるくんさん(かえるさん?)、コメントありがとうございます!

    ショアタイラバについては、上記のように、今のところはさほど深くは考えていません。
    ただ、やっていくうちに、いろんな考えが生じてくるかもしれないという程度しか、今のところは言えないですね。

    すぐには結論は出ないと思いますので、気長~に見ていただければと思います!(^^)