飛び過ぎダニエル40gは・・・ジャクソン、欲しがるねぇ~!(;’∀’)

既に入手してはいるが、まだフラットフィッシュを掛けるまでには至っていない、ジャクソンのキワモノルアーである飛び過ぎダニエルの30g。


出典:ジャクソンHP
※飛び過ぎダニエル関連記事はこちら

ご近所サーフへあまり足を運んでいないし、当然釣れてもいないので、飛び過ぎダニエル30gの使用感等について語るにはまだまだ。いずれコメントしようかと。

それよりも今回は、同じ「飛び過ぎダニエル」でも、更にウエイトアップされた40gのほうがネタ。それが、単なるウエイトアップだけの話ではないのである。

スポンサーリンク

盛れるものは全て盛り込んだ感が満載「飛び過ぎダニエル40g」

その飛び過ぎダニエルの40gのほう、単なるウエイトアップのみならず・・・なぜかコイツだけ、ここまでテンコ盛りにしてしまったのだ・・・(;’∀’)

そのテンコ盛りの飛び過ぎダニエル40gとは・・・


出典:ジャクソンHP

コレ・・・ブレードやら、ティンセル付きのアシストフックやらで、やれることは全てやり尽くした感が満載!もうお祭り騒ぎ・・・(;’∀’)

他のウェイトラインナップには無く、40gのものだけブレードやらティンセル付アシストフックまで付けているのに、なぜ「飛び過ぎダニエル・プロ」(←アーマードFのマネ)とか「飛び過ぎダニエル・エボルブ」(←ショアガンエボルブのマネ)とかいった別名称にならなかったのだろう?40gのものだけこれだけテンコ盛りにしといて、名称はおとなしい。なぜだろう? (。´・ω・)?

しかも、なぜ40gのものだけ、このような仕様にしたのだろう?中途半端さが更なる疑問を生んでいる。

40gの本体形状だけ見ると、フロントフックを装着するアイが無い。フロントフックが付かない代わりとしてティンセル付アシストフックを付与し、それだとフロントバイトへのフッキングが甘くなりそうだから、バイトマーカーとしてリアにブレードを付けた・・・そんなとこか?素人予想だが、実は的を得ているとか??? (;^_^A

最近は、鉄板バイブのテールにブレードを付けたものまで出ているので、まぁ誰しもが考えそうなことではあるがねぇ。

1+1+1≧3の効果があるの?

この飛び過ぎダニエル40gは、いろんなものをテンコ盛りにしたのだが、実際の効果のほどはどうなのだろうか?

1(後方重心)+1(ブレードスピン)+1(ティンセルフック)≧ 3 の効果があるのだろうか?

確かに、この飛び過ぎダニエルの構造上、30gのものにあるようなフロントのトレブルフックはいらないとは思っていたが、これらブレードスピンやティンセルアシストフックを付けることの「相乗効果」はいかほどなのだろうか?

各パーツでは機能するかもしれないが、1+1+1<3の効果となってしまっては、単に「無用の長物」に近いものになってしまう。 まぁ、ソルトルアーメーカーの老舗であるジャクソンだから、そこら辺のことは重々理解した上でのことだろう。釣行テスト等は当然重ねているだろうし。 それか・・・もしかしたら、敢えてギャグ路線で行こうとしているのかもしれないが・・・どうなのかな? (・・?

スポンサーリンク

とにかく、釣れれば正解

正統派路線かギャグ路線かは定かではないが、魚から直接好みを聞けない限り、ルアーは釣れさえすれば正解。

他ブログ等で飛び過ぎダニエル40gを酷評しているものを多く見かけるが、この不肖ゆたりな、そこまでは思っていない。上記の内容を見ただけだと、酷評しているようにも見えるかもしれないが。

要は、自分が要求している必要十分条件を満たしていて、且つ、釣れさえすれば、どんな形だろうがアリだと思う。

飛び過ぎダニエル30gの評価がまだできていない段階なので、自分は飛び過ぎダニエル40gへは今のところ飛びつくことはない。30gで抜群の評価となれば、40gの方も検討する可能性はあるけどね。

ジャクソンHPによると、価格は1,250円。ウ~ン・・・ユーザー側からすると微妙な価格設定。原価率等をどれくらいで設定しているのかは知る由もないが、これくらいだったら、まぁ手を出しても良いかな~と。

いろんな意味で、この飛び過ぎダニエル40g、試してみてはいかがだろうか?
 
 
※飛び過ぎダニエル関連記事はこちら

スポンサーリンク