スローブラットキャストロングへの期待値は?ショアスロージグの主力となり得るか?

今年秋には発売されるという、スローブラットキャストロング。


出典:Angler’s Republic HP

最初の頃はあまり眼中になかったんだけど、最近になってアングラーズリパブリックHPからスローブラットロングの情報をみるにつれ、「こりゃぁもしかしたら結構使えるかも・・・」と思うようになってきたのよね。

ロングジグは以前から別のモノを試していた。使用感はそんなに悪くは無かったのだが、どーも釣れる気がしないため、お蔵入りに近い状態になっていた。

更にロング形状ゆえ、ミスバイトやフッキングミスが多発するような気がして、積極的に使う気にはなれなかった。

そんな中で今回のスローブラットキャストロングの発表。ちょっと個人的に注目したい点を挙げてみたい。

スポンサーリンク

フォールスピードの遅さ

スローブラットキャストロングの特徴は、スローフォール。

通常の鉛とは違うZライトメタルを採用していると言っているが、どうせ亜鉛(Zinc)のZじゃないの?

実際の素材はどうであれ、鉛よりも比重の低い金属を使用してのスローフォールを実現しているというもの。まぁ、その部分はスローブラットキャストオーバルと同じなわけで。

スローブラットキャストオーバルでもフォールスピードの遅さというのを期待して使ってはみたが、やはりフォールを遅くするよう設計されているため、飛距離が他のショアスロージグよりも若干落ち、横風やうねり等の外的要因に弱いというのが気になった。とはいえ、飛距離は極端に出ないという程のことは無く、使い勝手はそれなりには良かったんだが。

あと、サーフで使用する場合、堤防や磯場などの足場の高い場所からリフトするよりも低いため、フォールスピードの差を有効活用できないと考えた。そんなのだったら、通常の鉛ジグで飛距離を稼いだ方が、サーフの場合は有効だと考えたから。

その考え自体は変わらないのだが、最近はサーフよりも足場の高い磯場や堤防等でハタゲーに力を入れており、それならばスローフォールの効果は高いのではないかと考えた。

キャスタビリティは如何に?

とはいえ、キャスト時の飛行姿勢や飛距離が悪いのでは、全く意味がない。キャスタビリティの良さは絶対に必要な条件。ここが悪いと、二度と使うことは無い。

そうは言っても、「沼田純一の開発部屋」では、このスローブラットキャストロングは飛行姿勢が高いレベルで安定しており、スローブラットキャストスリムに匹敵する飛距離を出すとのことが書かれていた。

比重の低い金属素材を使っている上に、ロング形状。ロング形状のジグは、空中での飛行姿勢が安定しにくい。それなのに、ホントにそんなに飛行姿勢よく、飛距離が出せるものなのか?

ちょっと眉唾っぽく感じるが、これが本当だったら・・・・

スローとファースト 両立できそう?

これまでのショアスロージグでは、形状ゆえに早い動きは苦手であった。たいていはフォールを遅くするために平たい形状であるのが殆どのため、早巻きすると回転するだけでなく、引き抵抗が大きすぎた。


出典:Angler’s Republic HP

スローブラットキャストロングの形状なら、早巻きでも引き抵抗が少なく、早巻きにも対応できそう。開発者側が本来意図している用途とは異なるかもしれないが。

このスローブラットキャストロングで、スローな動きとファーストな動きが両立できるとしたら、イレギュラーに早い動きと遅い動きを織り交ぜたり、途中でナブラが出た時などはジグ交換せずに早巻きでの対応ができるのではと考えている。

スポンサーリンク

まとめ

不肖ゆたりな、このスローブラットキャストロングに期待しているのは、上記3項目。

アンリパのHPや動画で解説しているようなフックサイズの自由度とかいうのは二の次。そんなサイズの大きいモンなんて、いつ釣れるか分かんないし。オレにはそんなもん、縁が無いし。( ;∀;) とにかく、この上記3項目だけには注目している。

まずこれら項目での最優先事項はキャスタビリティ。ここがダメなら一発お蔵入り。まずはこの部分をクリアできるかな?

それにしても・・・スローブラットキャストのワイドとスリムが発売されると知ったときも、なんだかんだで半年くらいはなかなか発売されず、焦らされた経験があるだけに、今回も秋発売なんて言って、来年の秋くらいになるんじゃないの~? ( *´艸`)

まぁ、妄想だけ期待大にすると、期待を裏切られた時にムカッとするから、期待半分で発売を待っていましょうかね!(;’∀’)
 
 
※ショアスロー関連記事はこちら

スポンサーリンク