ショアスキッドジグ ジグパラスローを上回るか?

最近はハタゲーに躍起になっており、釣果がMJリグ+ワームばかりになってはいるが、ショアスローも並行してやってはいるんですよ。たまたま釣れないだけで(;^_^A

というよりも、ゴロタや磯等、ガチガチの根掛かりフィールドでは、ショアスローで底近くを探る勇気が無いのですよ。「着底一発根掛かり」なんてザラだしね。さすがにゴロタや磯では、どうしてもMJリグがメインになってしまうんでね。

ショアスロージグでも、フックセッティング等の根掛かり対策は結構考えたけど、最終的にたどり着いた結論は、「底近でジグを操作しない」、これに尽きるね。(;’∀’)

さて、そんなショアスロージグ。

現時点でオレがメインに使用しているのは、ヒラメタルとジグパラスローの2種類。

いずれもオレの要求を満たしているが、その中でもジグパラスローの最大のメリットは、やはりコストパフォーマンスの高さ。

フロントとリアのアシストフックが付いて、ショアスロー用ジグの最安値(30gで600円前後)。それでいて操作性も申し分ない。これまで使用していたスローブラットキャストスリムを跳ね除け、オレの2大ショアスロージグの一角を担っている。

しかし、そんなゆたりな2大ショアスロージグの一角を崩す可能性のあるジグを見つけてしまった・・・


それが、ショアスキットジグ(アブガルシア)。

スポンサーリンク

ショアスキッドジグ ジグパラスローより100円近くも安い!

釣具店でショアスキッドジグを見つけた時に、まず驚いたのが、破格の安さ。

パクリメーカー製ではなく、メジャーなアブガルシア製なのに、この安さにはビックリ!

某釣具店で購入した時点で、税抜きで500円未満(30g)。他の釣具店ならば、もしかしたら2個購入しても1000円でおつりが来るところもあるんじゃなかろうか?

それでいて、アシストフックはフロントに2つ。しかも、マイクロフリップの十八番であったポラジックフィルム(一般名称は何ていうのか分からんが)だけでなく、ティンセルまで付いている!ギアラボさん、遂にパクられたか?Σ(゚Д゚)!

外観だけならば、コストパフォーマンスは最高のようにも思えるが・・・まずは実際に使用してみないことには分からない。

ショアスキッドジグ 特徴

当然、タダ巻きでもフォールでも誘える

パッケージには「タダ巻きジグ」とは書いてあるが、明らかにフォールを意識した構造のジグ。


上面


側面

センターから若干リア寄りのウエイトバランスになっているのか?実際にキャストすると、飛行姿勢,飛距離は申し分ない。

縦方向のアイ

また、このショアスキッドジグの最大の特徴は、縦方向のアイ。

あまり他のジグで、このようにアイが縦方向になっているのを見たことがないが、リトリーブ始動時の不必要な横方向への運動を抑えることが目的のようだ。そんなに違うもんかいな?

実際に引いてみると、ハッキリ言ってそこまでは良く分からない。ジグパラスローよりは若干引き抵抗が強いような印象を持った。

最初に試した時には、標準のフロントフックセッティングで使用したが、今後はリアフック使用で使っていこうと思う。

スポンサーリンク

まとめ

とりあえず使用した感想としては、特に不具合は感じないので、最初の印象としては良好。引き続き、使っていくつもり。

その後も使い勝手がよければ、オレの2大ショアスロージグの一角を崩す可能性は大いにある。

この見た目のクオリティでこの安さ。それだけでも使う価値はあると思う。

ショアスキッドジグ、これから復帰のご近所サーフでの活躍は如何に?

スポンサーリンク