サステインが出たぞ!ツインパワーXDと何が違うの?

ふとシマノのHPを見ていたら・・・ナント、新製品のリールが出ていた!


※シマノHPより抜粋

その名も、サステイン。

近年では、ダイワでもセオリー,EM MS,エクセラーといった新機種が続々とラインナップに入ってきているが、各特徴が分かりづらくなっていた。リールの選択肢が広がるのは消費者にとって良いことかもしれないが、逆にあまりに細分化されると性能比較がしづらく、よく分からないといった意見もあるだろう。不肖ゆたりなも、後者の一人。

一方のシマノについては、新機種は確かに出るが、比較的特徴が明確化されているように思える。

最近思い切って入手したツインパワーXDも、従来のツインパワーから更にニューマグナムライトローターを採用したことによる巻きの軽さが最大の特徴であった。入手目的が明確であったために、機種選択も明確にできたわけだ。

シマノの新機種に相当するサステインは今年の9月に発売予定のようだが、新しく出たからには、他機種と差別化できるような特徴があるのだろうか?

スポンサーリンク

機能はツインパワーXDとほぼ同じ

シマノHPより、サステインに搭載されている機能が出ているが・・・あらっ?これって、ツインパワーXDと全く同じじゃないの? (・・?

何から何まで機能がほぼ同じ。HPに出ている技術特性を単純に比較しても、全く同じ。

HAGANEギア,ニューマグナムライトローター,リジッドサポートドラグ・・・更にはXプロテクトが搭載されている箇所も同じ!チタンワンピースベールも付いているし。

なんだよ・・・それだったら、価格が安いサステインが出るまで待っていた方が良かったかも!どうなの?

結局は何が違うの?

そう、結局はサステイン、ツインパワーXDと何が違うの?

オレが所有しているツインパワーXDの4000XGを基準に、双方のスペック表を単純比較し、違うところが少し見つかった。それは・・・

自重

ツインパワーXDが290gである一方、サステインは285g。その差は5g。

ハンドルノブの違いやスプールデザインの違い等、各パーツでの微々たる違いが、トータルで5gの差となって表れている程度なのかもしれない。まぁ、あまりガタガタ言う違いではない。

ハンドル長

ツインパワーXDで57mm。サステインでは55mm。その差は2mm。

これもまぁ、微々たる差と言ってもいいのかな?

ベアリング数

ココは予想通り。差をつけるとしたら、ココだろうね。

ツインパワーXDで9個,サステインで8個。その差は1個。

価格

ツインパワーXDで49,500円、サステインで37,000円。えっ・・・1万円以上の差かいな???

多少はツインパワーXDの方がデザイン的にも凝っているとはいえ、ツインパワーXDとほぼ同等の性能を有していての1万円以上安い価格って・・・これはサステインが発売するまで待っていた方が良かったかな? (;’∀’)

スポンサーリンク

まとめ

結局のところ、サステインて、ツインパワーXDの低価格版と捉えた方が良さそうだ。

オープンにされていない箇所での差別化はされているのかもしれないが、それにしたってこの性能でこの低価格。なかなか良さ気かもしれない。

ツインパワーXDはラウンドノブが標準搭載されている分、ゴリ巻きを多用するハタゲーでは非常に重宝しているので、別に「サステインを買った方が良かった・・・」とまでは思ってはいないが、これはかなりの高コストパフォーマンスなリールかもしれない。

店頭に出た時には、是非とも巻き巻きしてみよう! (^^♪

スポンサーリンク