スピンビーム フロントフックの絡み防止法

元気ですかっ! Σ( ゚Д ゚ノ)ノ ヒエッ!
 
 
元気はあっても 眠さが勝る
 
 
朝練サボって遅れて登場、やって来ました!ご近所デイゲーム!
 
 
201606221
 
 

スポンサーリンク
 
 
朝練からは程遠い、8時エントリー。
ちょーっと小雨が降ってるかな~ってな程度で、波は小さいが、濁りはほどほど。
これならデイゲームでもイケるんじゃないのかね?
 
 
メインで使用していたバイオマスターとレアニウムの2つのリールとも修理に出しているので、今日はエギングメインのセフィアBBにメインラインをPE0.8号にて実施することに。
サーフでの釣りにPE0.8号ってチョット心許ない気はするが・・・波はさほどないし、ヒラメやマゴチを上げる程度なら、全然余裕っしょ!
 
 
まずは根の多い領域は、MJリグ中心で、更に沖目をショアスローでも攻めるが、前半は全くもってアタリなし。
途中で、早朝から攻めていたあのアニキから、50センチのマゴチを釣り上げた報告がきたが・・・やはり朝行った方がビンゴだったのか?
どちらにしても、朝からきっちり攻めたアニキの攻略勝ち、おめでとうございます!
  
  

スピンビームTGで更に沖目を攻める

 
 
後半は、タングステン内臓で42gあるスピンビームTGで、更に沖目を攻める。
 
 

 
 
このスピンビームTG、フロントフックがボディに引っかかり易いという記事を以前にも掲載したと思う。
 
 
TS3W0917
 
 
以前のスピンビーム(32g)と比べ、この症状は改善されたとのメーカーコメントだが、オレが使っている限りでは結構頻繁に引っかかって、もーイライラする!
スピンビーム(32g)は使ったことないから比較はできないけど、ハッキリ言って全然ダメじゃん!!
 
 
そこで、以前にご近所サーフで、とあるアングラーと立ち話したときに教えてもらったフック絡み対策をパクってみた。
トレブルフックからダブルフック仕様変更するだけ。
 
 
201606222
 
 
実際にこれでキャスト,リトリーブをしてみると・・・なるほど、全然絡まない!
 
 
ネット等で検索した他の対策では、フロントのトレブルフックサイズを小さくするとかもあったが、主にヒラメ,マゴチを掛けるのには、ちょっと心配だな~と。まぁ、それでも大丈夫なんでしょうがね。
 
 
とはいえ、ダブルフックでも、ダブルフックの片側のフックのみに大物が掛かった時に、フックが変形してのフックアウトの心配も考えはしたのだが・・・まぁ、オリャぁそんな大物なんて釣れないから、大丈夫っしょ!
 
 
さて、スピンビームTGで攻めた結果は・・・
 
 
フルキャスト→着底直後のリトリーブ中にすぐにアタリ!Hit!
小さいのは確かだが、これはソゲか?小さいなりにもたまにグググッと力強い引きも加わる!
特に小さいと、波打ち際でバラシやすいので、慎重にズリ上げてみると・・・
 
 
201606223
30センチくらいか?よく暴れて砂まみれのワカシ!
写真では外れた後だが、ちょうど変えたばかりであったフロントのダブルフックへフッキング。
もしこれまでのトレブルフックでボディ絡みしていた時にバイトがあったら、取れなかったかも?
 
 
その後はワカシの回遊すらなく、アタリも全く無し。
スピンビームTGをボトムを浮かせてリトリーブしていたはずなのに、ガッツリ根掛かり・・・悲しいロスト。
はいっ、即撤収。
 
 
<使用タックル>
ロッド : ●クロステージ CRK-1002M (メジャークラフト) 
リール : ●’11セフィアBB C3000S (シマノ)
メインライン : ●デュエル DUEL ハードコアX4 200M 0.8号 【メール便配送可】
リーダー : ●シーガー リアルFX 4.0号 (クレハ)
 
 
いまだにな~んかイマイチなご近所サーフ、好転する日はいつの日か・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク