沼津遠征でトビウオにタコ 厳しい釣果

6月23日深夜、釣り仲間のJingasaさんと沼津へ。ターゲットはアオリイカとタチウオですが、堤防では今後、混み合うことが予想されるので、新規開拓を兼ねて、ドン深サーフへ。
 
 
台風後のうねりや波でちょっと厳しいかなと思いましたが、私の都合で2週間ほど延期していましたし、楽しみにしていましたので。
 
 
深夜1時過ぎに現地到着。やはり予想通り波が高い状態。若干厳しいかなと思いつつ、「まぁ、とりあえずやってみようか」ということで、ドン深サーフの右側のちょっと浅めの領域で釣り開始。
 
 
周りには誰も居らず・・・。下写真は別の日に明るい時に撮影したもの。
s_IMGP0786
 
 
100m先を30グラムのジグでカウント4で着底するので、ここに関してはさほど深くはないかな。ご近所根掛かりサーフくらいか。
 
 
最初は私がエギング,Jingasaさんがタチウオ狙いでジギング。
 
 
すると開始30分ほどでJingasaさんにHit!
 
 
おぉ、タチウオか?と思ったら、なんと、トビウオしかもスレで。写真はちょっとブレてしまいましたが。
s_TS3W00890001
 
 
おぉ、トビウオいるんか!とりあえず魚はいるようなので、私もジギングに切り換えて参戦。するとまた、JingasaさんにHit!おぉ、今度こそタチウオか???
 
 
しかし残念ながら、波打ち際でバラシ・・・。
 
 
タチウオだったのか?またトビウオだったのか??
 
 
しばらくすると、次第に波が高くなり、危険を感じたので、2時過ぎ頃に撤収、場所移動。いつもの巨大堤防へ。こちらも写真は別の日に明るい時に撮影したもの。
s_IMGP0821
 
 
明るくなるまでタチウオ狙いのジギングをやったが、たまに小さいカマスがコツコツかかる程度。Jingasaさんにはマルソーダも掛かったが、タチウオ釣れず。周りも釣れる様子も見られず。
 
 
また場所移動。やはり台風後は厳しいかな・・・。
 
 
今度はJap socksへ。こちらはその時の写真。左側にいるのはJingasaさんだな。
s_TS3W0091
 
 
こちらは他と違い、かなり水が澄んで、底付近も丸見え。ここでは一発狙いのエギングをやるも、アタリはなし。
 
 
・・・
 
 
すると、足元近くまでエギを寄せたところで、ちょっとよそ見していたら、根掛かり???あれ、エギが見えない???あっ、タコがエギ抱いてるしかもそこそこ大きい!
 
 
しかしこのタコ、完全に岩にへばりついており、引っぺがすのは難しい・・・。しかもリーダーとPEとの結びは手を抜いて電車結びだし・・・。
 
 
タコと5分以上やりとりしたが、どうしても引っぺがすことが出来ず、最後はラインブレイク。・・・終了~~~。
 
 
結局、ろくな釣果が得られず、小カマス,最後はタコにあしらわれ。Jingasaさんのトビウオ,小カマス,マルソーダが唯一の釣果。
 
 
あぁ、悔しい!まぁ、状況的には厳しいと思っていましたがね。
 
 
最後にスマって退散。
モーニングたぬき(茶そばバージョン)。
s_TS3W0093
 
 
Jingasaさん、懲りずにまた行きましょうね(^^)/~~~

スポンサーリンク

コメント

  1. Jingasa より:

    ゆたりなさん
    どもども、お疲れさまでした。
    トビウオは、オーソドックスに塩焼きにして頂きました。
    初めて食べましたが、白身で臭みもなく淡白な食味でした。
    また行きましょう。
    Jingasa

  2. ゆたりな より:

    Jingasaさん、こん○○は。
    とびうおは青魚という印象しかなかったですが。
    確か新潟ではとびうお節があるというのを聞いたことがありますので、
    旨みは抜群でしょう!
    こんどこそアオリにタッチー! (^0^)/オー