ボーグルアー ちょっと気になるもの

以前にふるさと納税の記事でも紹介したボーグルアー。


匠の逸品 ボーグルアーセット(静岡県松崎市)

ネットで偶然見つけてからというもの、何気に気にはなっていた。

ボーグルアーの特長は、魚がフッキング後にルアーボディが外れることで、バラシが抑制されるというもの。

エラ洗いするシーバスなんかに良さそうだが・・・バラシの多いヒラメにも良さそうだね、レンジを通せれば。

スポンサーリンク

それにしても、これに近いシステムって・・・あっ!MJリグと一緒だ!

フッキングした後、シンカーがリグから外れる仕組みと一緒。

誘導式タイラバと同様、シンカーがリグに完全固定されていないので、シンカーが外れるとバラシが少なくなる。ボーグルアーは、これをミノーで実践している。

でもこれって・・・けっこう製造原価がかかっているんだろうな。飛距離もどうだろ?

パーツが分かれているので、耐久性なんかも気になるし。

複雑な構造っぽいから、トラブルも頻発するのかな?キャストやリトリーブ中に外れちゃったら、これまたイライラするだろうしね。

種類もどんなのがあるのかな?フローティング,シンキング・・・ヒラメ等にも使えるヘビーシンキングなんかもあるのかな?

そこは典型的な日本人。ネガティブなことばっかり考えてしまう(;’∀’) でも、実際どうなんでしょ?

ボーグを製造,販売している(有)オプセルのHPを閲覧したが、正直言ってよく分かんないので、近いうちに直接行って覗いてみたいと思う。

いつになるかは未定だが、ぜひ訪問したい。

いずれ、当ブログ内で報告予定なので、是非ともお楽しみに!(←あくまでも未定だが)

スポンサーリンク

コメント

  1. ケイテッカー より:

    こんにちわ。

    MJリグもブッキング後にシンカーが外れるんですね。 って考えてみたら私は普通のスナップでシンカーとリグを接続してました(笑)

    • ゆたりな より:

      ケイテッカーさん、どーもです!

      そうなんですよ。もともとMJリグは、シンカーを引っかけるだけの接続なので、魚がヘッドシェイクした時に外れてリーダー側に行くんですよ。

      過去記事にも書いてあるはずなので、探してみてね!