マゴチを料理 捌き方から昆布締めまでを解説

昨日夜は、りなりなとゆたゆたを寝かせてから近くの漁港で子イカいじめをと思ったが、逆に子イカに無視され、雨も降り出したので、1時間もせずに撤収。
 
その後、たけっすぃ~と釣り談義で夜中2時までついつい盛り上がり、今朝は休みのときに限ってりなりなとゆたゆたが早起きしてうるさかったため、ちょっと寝不足気味・・・しかも雨なので、本日は朝練,特打ちともにお休み。
 

スポンサーリンク
 

今日は昨日釣ったマゴチを捌いて、各料理に。身は富山名物の昆布締め、カマは塩焼き、アラは出汁をとって炊き込みご飯と味噌汁に。

マゴチの捌き方

まずは、マゴチの捌き方から。

youtubeでマゴチの捌き方を検索してみると、多くの動画が出ているが、上記の動画が最も分かりやすいと思う。

マゴチの場合、ポイントは中骨の処理。

マゴチの中骨は太くて入り組んでいるので、通常の骨抜きでは抜きにくい。動画のように力の入りやすいペンチ等で抜くのが良い。

ペンチで抜くと多少身が崩れるので、それが嫌であれば、身を中骨に沿って包丁を入れ、そぎ切りにして除くというのもあり。

マゴチの昆布締め

 
昆布締めに使用する面積の大きい昆布はこちらには売っていないので、夏休みに富山へ行った時に昆布締め用の昆布である「おさしみ用昆布」をまとめ買いしておいたのよね。
 
201209231
 
これに切り身を並べ、両面昆布を挟んで、約6時間程度でに食べごろに。

マゴチの身は硬いので、刺身で食べるなら、できるだけ薄くそぎ切りにした方が食べやすい。
 
201209232
あまり長く置きすぎると、身が固くなってしまうので注意。

切り身を挟むのは、その日に食べる場合。切り身で挟むならば、3時間程度でも充分昆布の旨味が乗る。

サクで挟む場合、数日間保存する場合。だいたい5日程度ならば、昆布で挟んだまま、冷蔵庫内で保管できる。冷蔵庫内に長く置きすぎると、昆布にカビが生えやすくなるので、5日以上保存する場合は、そのまま冷凍保存した方が良い。

マゴチ お味は?

 
ヘタクソながら、まぁ上出来、上出来。
 
201209233

マゴチ独特の香りがして、非常に美味。オレの中では「磯の香り」と表現している(別に磯で釣ったわけではないのだが・・・)。

マゴチは身が硬いので、刺身で食べる場合は1日程度寝かせた方が適度に柔らかくなって美味いかなとは思う。

今回は昆布締め、味噌汁、カマ焼き、炊き込みご飯にしたが、身をぶつ切りにして唐揚げにしても美味しい。我が家では、マゴチは唐揚げの方が子供達には好評。

スポンサーリンク

とりあえずは、たいそうな料理はできなかったけど、家族揃って幸せな夕食でした。
 
さぁ来週から、条件が揃えば本気でサーフシーバスを狙ってみようかなぁ。
 
サーフエギングもこれから狙えるし。
 
ヒラメももうそろそろかな。
 
そうそう、タチウオリベンジも忘れてないよ。
 
これから秋は釣りバカにとっても嬉しいシーズン、皆さん、楽しんでいきましょう(^0^)/オー
 
 
※料理,グルメ関連記事はこちら

スポンサーリンク

コメント

  1. esu3go より:

    こんにちは!
    昆布〆用の昆布は便利ですね、私は普通のダシ昆布で〆ていますよ。マゴチのお刺身が美味しそうです。

  2. ゆたりな より:

    esu3goさん、こん○○は!
    昆布〆用のは面積が広くていっぱいのせられるんですよね。
    マゴチは野性味ある味ってなかんじですね、ヒラメに比べると。
    マゴチ、ぜひ釣っちゃってください!

  3. bmwk100 より:

    お刺身ん~!
    美味しそうですね。\(^o^)/
    家族そろって、っていいですよね。

  4. ゆたりな より:

    bmwk100さん、こん○○は!
    我が家では白身魚が釣れると、決まって昆布〆にします。
    りなりなは食わず嫌いが多く、魚の刺身は食べませんが、
    私が釣って捌いたアオリイカだけは刺身で食べてくれます。
    食育の観点からも、釣った魚を食すというのはいいことだと思います。
    ↑釣りへ行くための口実か???