サーフシーバスタックル 三種の神器

今年に入ってから、シーバスタックルとメバルタックルを手に入れた。
 
自慢じゃないが・・・
 
オレはこれまで、シーバスタックルでシーバスを釣った事がない。
 
更には・・・
 
メバルタックルでメバルを釣った事がない。
 
逆に・・・
 
メバルタックルでは最大60cm程度までのシーバスは釣り上げた。
 
その逆でシーバスタックルでメバルは・・・無い。というか、まだメバリングをまともにした事がないんだけどね。
 

スポンサーリンク

 

使用しているサーフシーバスタックル

前置きはさておき、今年からご近所サーフへ通うきっかけとなったシーバスタックルをご紹介。
 
ロッド: メジャークラフト クロステージ CRK-1002M
リール:  11 バイオマスター 4000HG
 
オールマイティなセッティングというよりは、完全にサーフ、しかも遠投重視のセッティング。しかもサーフでのショアジギも視野に入れた、40グラムのジグも投げられるミディアムクラスのロッドに決めた。
 
前の記事にもコメントしたが、最初はロッドは10fのディアルーナ(シマノ)かKGエボリューション(メジャークラフト)、渋いところでショアガン(アングラーズリパブリック)を希望。
 
ディアルーナ
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=960567&buddy=0001216907299
 
KGエボリューション
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=922263&buddy=0001216907299
 
ショアガン
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=2194639&buddy=0001216907299
 
リールはハイギアタイプのバイオマスター4000HGを希望。
 
希望を嫁に出したところ、かなりブーたれたので、ロッドは妥協して、エギングタックルと同じクロステージ(CRK-1002M)を選択。リールはどうしてもX-shipのあるバイオマスターで譲らず選択。
 
ロッドの方はやっぱり若干重いかな~というのと、コシが弱いかな~という印象。
 
ただ、この値段でKガイド搭載なので、それくらいは致し方ないところ。とはいえ、30グラムのジグ、1.2号のPEならば100mは飛ぶので、ドシロートには全くもって問題なし。
 
リールの方は、4000番だから自重はそれなりにあるが、なめらか~な巻き心地!これがX-shipの恩恵か!と思ってしまうほど。
 
また、AR-Cスプールなので、キャスト時のラインの出具合もスムース。
 
しかもハイギアなので、キャスト後の糸ふけの回収やナブラが出たときのリグの回収もはやい。
 
トータルバランスでは、やはりタックルを持って移動すると重さは感じてしまうが、操作をするときには夢中になっているせいもあるが、全く重さを感じない。
 
このタックルでは最大50センチ程のマゴチを掛けたことがあるが、問題なくやり取りできたし、不安なくズリ上げもできた。
 
今のところ、バラしもほとんど経験した事がない(まぁ、それほど釣ってないけどね。)。
 
サーフは掛け持ちで狙うターゲットによって、このシーバスタックル(シーバスとフラット)とエギングタックル(アオリとフラット)を使い分ける事にしている。
 
ただ、次に購入できるとしたら、バット部にハリのあるフラット用ロッドがいいかも。サーフ活動中心だったらね。
 
重いミノーの飛距離は出るし、途中でエギに切り換えてサーフエギングにも使えるんじゃないか?どうかな?
 
次の釣行からは本タックルで、ちょっと本気でサーフシーバス80cmアップを狙っていくよ~っ!
 
ドシロートには無理かな~っ、乞うご期待。

スポンサーリンク