【百海サーフ(ラパラ)】サーフエギング専用エギ?使い方が特徴的なファット形状エギ

さぁ、いつも、いつの時でも、考える事は釣りの事ばかり。

サーフ専用のエギ?

 
そんなんで、暇なときにインターネットで釣りネタを検索していると、なんと、こんなものを発見。
 
サーフエギング専用のエギ。

その名も百海(どうみ)サーフ

サーフエギング用に開発されたエギというのも興味深いが、ズル引きややわやわダートでもアピール可能というのも魅力的。

ただ巻き中心で、シーバスタックルでも対応


動画では、タダ巻きでS字に泳いでいる

おそらく、ファット形状にすることで水の抵抗を増やしているのと、ラインアイがバイブレーションのように上側に付けていることで、S時に泳ぐのだろうね。
 
これならばオレの持っている10fシーバスロッドでもギリギリエギングできるだろうから、遠投重視のシーバスタックル1タックルでシーバス,青物,フラット,アオリとすべて網羅できそう。
 
したがって、コレまで以上に攻める範囲が広がりそう。

水中姿勢が尻上がり

 
また、着底時の水中姿勢が尻上がりなのにも注目。
 
ご近所サーフでエギングすると、砂利でエギがボロボロになっちゃう。

見た目がボロボロ程度ならまだいいんだけど、カンナの先まで砂利に当たって丸まってしまう。

こうなると、カンナの先をシャープに伸ばすのはちと厳しいのよね。
 
百海サーフの着底姿勢なら、カンナへの影響も防げるだろうし、根掛かりも大幅に回避できそう。

これならば、玉砂利サーフでもエギが長持ちするだろうし。

百海サーフでサーフにアオリイカを狙い撃ち!

サーフエギングって、釣れるサイズが大きい上、釣れる時は連発することが多い。

ただし、玉砂利等によってエギの消耗が激しいことと、波によってラインやエギがもまれやすくなるので、凪の時限定の釣りになってしまうのが難点なのよね。

いずれにせよ、この百海サーフを使うことで、サーフエギングがどう変わっていくのか?

百海サーフがサーフエギングのスタンダードとなりうるのか?

まずは試しに使ってみたい。
 
ナチュラムや近くの釣具店で発売されたら、3つくらい買って試してみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. esu3go より:

    こんばんは!
    サーフエギング用エギなるものがあるのは知りませんでした、サーフ用のエギが必要かな~?普通のエギで十分だと思いますがね。

  2. ゆたりな より:

    esu3goさん、こん○○は!
    私もそう思います、エギなんて何だって釣れるだろうよってね。
    ただこれ、カンナが真上に向くので砂利にぶつかりにくそうなのと、根掛かりが少なそうなので、結構長持ちするかなと思っています。
    こちらのサーフはカンナの先もひん曲がって、エギがすぐボロボロになってしまいます。
    持ちが良ければ、余計な出費が少なくて済むので。
    これだけは使ってみなければ分からないので、
    使ってみたら報告しますね!