ライトタックルでサーフカマス 朝練

いつも眠れず、やってきました!ご近所朝練!
 
201307271
写真は明るくなってからのもの。

スポンサーリンク
 
 
週末になると、いっつも「どう攻めようか」と考えてしまうため、結局眠れないで朝練向かうのよね。
 
眠れないまま、3時過ぎエントリー。今日もビビ96LとセフィアBBのライトな組み合わせ。軽めのジグで、カマス狙い。
 
波はさほど大きくないけど、波足が長くって、思った以上に釣りづらい。明るくなって分かったが、濁りもある。いつもの方向へランガン。
 
ダイワ(Daiwa) ファントム2
ダイワ(Daiwa) ファントム2

今回はファントム 12gを使用。樹脂でコーティングされているから、ぶつけても塗装が剥げることがない。通常のジグよりも沈みが遅く、巻いていると浮き上がりも早い。

ファントムって結構使えるジグなのに、あまり売られていないのよね。使い方によってはいいジグだとは思う。ザ・フィッシングなんかで渡邉長士が多用しているよね。

他のジグに比べて浮き上がりが早いから、着底後、ゆっくりタダ巻きで中層~底部を探ることに。
 
暗くて分からなかったが、とにかく浮遊ゴミが多く、波足が長くて釣りづらいダウン
 
・・・とするとすぐに”ココンッ”とHitびっくり
 
さほど大きくないだろうが、Lクラスのロッドだと、小さくてもそれなりにアタリや引きが楽しめる。
 
これは、25cm程度のカマス。やはり早いうちからカマスが回っている様子。しかし、連発はしない。
 
ランガンで「隣の青い芝」までいくと、玉砂利や砂が侵食されて、サーフの岩がむき出しになっているところが見える。
 
こちらは浮遊ゴミがないため、しばらく止まって攻める事に。
 
アングラーズリパブリック NEW ゼッツ ブギーウォークスメルト
アングラーズリパブリック NEW ゼッツ ブギーウォークスメルト

ブギーウォークスメルト 20g。
 
 
先程よりも早めの動きで、縦方向に攻めてみると、カマスが程よくアタる。水面まで巻き上げてしまうとバラシが多くなるが。
 
その後はなんとかカマス3匹追加して、早めの6時ごろ、終了。
 
201307272
 
Lクラスのロッドなら、10~20gの軽いジグも遠投できて、カマスなどのライトな魚を釣るのにも引きを楽しめるね。このタックルだったら、サーフでのカマスやメッキ狙いにもいいかな。
 
まぁ、本来このロッドを購入した目的は、軽めのルアーを使ってシーバスを釣る事なんだけど。まぁ、そんな先入観を持たずに、いろんな使い方ができると思う。
 
さて、この後はりなりなとゆたゆたを連れて、水族館へ行くかな・・・<・ )))><<

スポンサーリンク