偏光グラス 釣りで使用するのに適したオーバーグラス

前回の記事で、偏光オーバーグラスを取り上げたわけだが、そもそもメガネユーザーが使用できる外付け偏光グラスって、どんな種類があるの?
 
一番良いのは度付き偏光グラスだろうけれど、購入までにメガネ屋さんでの微調整が必要だし、なにより高価。
 
その点、外付け偏光グラスだと、いつも使用しているメガネの上から取り付けるだけなので、非常に便利。なにより、度付き偏光グラスに比べて安価であるので、天候によってタイプの異なるレンズカラーを複数揃えることも容易。 
  
今回はメガネユーザーのための偏光オーバーグラスの種類と、オススメについて、この不肖ゆたりなのこれまでの経験に基づき、独断と偏見で述べていきたいと思う。
 

スポンサーリンク

クリップオンタイプ

 

これは、メガネのレンズに直接クリップで止めるタイプのもの。最も安価であるため、オレが最初に購入したのがこのタイプ。
 

 
余計なパーツが付いておらず、携帯に便利なため、使用しない時はライジャケのポーチに入れておいて、使用時にポーチから取り出し、メガネのレンズにクリップで止められるため、比較的便利ではあった。
 
しかしながらこのタイプ、実際に掛けてみるとレンズに裏写りするため、帽子等で周辺を遮光しないと見えづらい。まぁ、このケースは、レンズの質に左右されるのかもしれないが。
 

 
それ以上に気になったのが、レンズに直接クリップで止めるため、クリップと接しているメガネのレンズに小さい傷が入ってしまうのだ。

当然、クリップ部分はラバー素材で覆われており、メガネのレンズに傷が入らないように施されてはいるが、実際はそれでも小さな傷は入ってしまう。

最近では、タレックスでもクリップオンタイプのものが販売されるようになったが、こうしたクリップオンタイプの問題点が解消されているのかもしれないね。
 

キャップグラスタイプ

 
これは、帽子のつばにクリップで止めるタイプのもの。これも先述のクリップタイプと同様、比較的安価。
  

 
キャップグラスタイプは、実際に使用したことが無い。
  
ただ、ハッキリ言って、オレ的にはこれは論外・・・帽子が風でスッ飛んじゃったらどうするの?
 
試用するまでもなく、このタイプは却下。
 

オーバーグラスタイプ

 

 
そんな上記の検討を経て、今回購入したのが、このオーバーグラスタイプ。このタイプでの価格帯はピンからキリまである。オーバーグラスタイプはメガネの上から掛けるもの。

要するに、眼鏡を二重に掛けることになるね。
 

実際に使用してみると、メガネを外側からすっぽり覆うため、横からの光も遮断することで裏写りがしにくく、非常に見やすい。

この構造によって風が吹いた時など、舞ったチリが目の中に入りにくい。物理的に眼球を保護する効果もある。ただ、花粉対策用メガネまでのフィット感はないので、花粉対策まで効果があるかは疑問。多少はマシだと思うが。
 
掛け心地に関して、2つのメガネを同時に掛けているようなものだが、悪くはない。現時点ではほぼ違和感なし。
 
ガサが張るので、携帯性はクリップオンタイプより劣るが、メガネ用ストラップを取り付ければ、使用しない時は首に掛けることができる。
 
メガネのサイズにもよるが、たいていのメガネだったら許容範囲内だと思う(実際に購入の際に確認のこと)。
 

まとめ

 
オレもこれまで、外付け偏光グラスはいろいろ調べたけど、トータルでコストパフォーマンスに優れているのは、やはりオーバーグラスタイプかな。当然、メーカーにも依ると思うけど。
 
今回購入したAXEのオーバーグラスで1万円以内なので、とりあえず最初の1本として持っておいても損はないと思いますよ~!
 
 

偏光グラスの関連記事はこちら 

スポンサーリンク