ルアーのパフォーマンスを最大限発揮させるためには?

最近、ヨシギューでお持ち帰りを頼んで、レジの前で待っていたところ、とあるオバちゃんがやはりお持ち帰りを頼もうとして放った一言。
 
「頭でっかち一つと・・・」 
 
・・・(゚Д゚; )ア、アタマデッカチ?
 
・・・オバちゃん、それって「アタマの大盛り」のこと?
 
久々にウケてしまった・・・不肖ゆたりなです。
 

スポンサーリンク

 
いやぁ、やはり釣れたときが最も勉強になりますなぁ。釣れない時より、釣れた時からの方が5倍くらいは得られるものがあるような気がします。
 
そんなこんなで、最近はそれなりに釣れるようにはなったのだが、それでも最近特に考えるのは、ルアーのパフォーマンスを最大限に引き出すこと。
 
ヒットするレンジにルアーの泳層を合わせるのは当たり前、やはり釣れている人は、使用するルアーとそれを最も良い状態で動かすリトリーブ速度が合致しているように感じる。
 
違うルアーを使っているのに、同じリトリーブ速度でやったって、ルアーの動き,泳層が違えば、当然違う釣果となる可能性はある。
 
いろんな戦略を練って目的のルアーを購入しても、最大限のパフォーマンスを出さなければ、意図した結果が得られない可能性は高い。
 
オレはこれまでどうだったのか?持っているルアーのパフォーマンスを最大限引き出しているのか?
 
不肖ゆたりな、なんか最近、仕事そっちのけ(!)でそんなことを良く考えております。
 
オレ様のルアー基本ラインナップの核を成しているシマノのサイレントアサシンシリーズ。サイレントアサシンを軸にして、あとはたっこぅとかで気になったやっすいルアーで肉付けしているといった感じ。
 
ラインナップの核としている最大の理由は、抜群の飛距離。バネの力を使ったAR-Cシステムのルアーは、どんな状況下でも安定した抜群の飛距離を叩き出す。横風でフラフラしにくいし、何より安定したルアーの飛行姿勢
他の重心移動式のものと比べても雲泥の差であるのは、使ってみれば一目瞭然。サーフフィッシングで、飛距離は最大限の武器であるから、飛距離を重視するのは当然のこと。
 
そして、もう一つの理由は、それぞれのルアーに対しての性能一覧が明示されていること。サイレントアサシンシリーズに限らず、シマノのルアーは、こんな感じで明確に提示している↓
160F
今までも確かにこれを参考にしていたんだけど、今まで注目していたのは、“飛距離”と“潜行水深”。シンキングタイプでは“沈降速度”も。
 
ただ、いくら飛ばしても、いくら目的のレンジに合ったルアーを選択しても、実際にルアーを目的のレンジに泳がせられるか、ルアーの持つ泳ぎができているかは、リトリーブスピードによっても異なる。違うルアーを同じ低速で泳がせても、しっかりアクションするものと全くしないものがあるのは当然。それは、持っているルアーの特性が異なるからであるわけで。
 
そういった意味で、今後は各ルアーの“流速スペック”をしっかり把握してルアー操作を意識しようと思う。
 
当然、マニュアル通りに従うことが全てではないが、基本パフォーマンスを把握しておけば、応用も活きるわけで。「そんなことは当然じゃん!」と思う方もいると思うが、そこはド素人、後から一つ一つ気づいていくわけね。
 
スポンサーリンク

 
更に最近、気になっているルアーが、いわゆる「ロングミノー」。
 
特に最近みたいにベイトのカタクチイワシが大量にいる場合、フィッシュイーターへルアーの存在を意識させる必要がある。その一つは「カラー」であるが、俺様としては正直、優先順位は低いかなと。はっきり言って、サーフではカラーはどーでもよし。
 
それよりも「サイズ」。これが一番アピール度が高いのかなと(細かい理由については割愛するが)。
 
そこで最近、気になっていたものの一つが、こちら↓
 
デュオ(DUO) タイドミノースリム200
デュオ(DUO) タイドミノースリム200

な、ながっ!なんと200mm!シーバス用ミノーで最大サイズではないかね、これって。
 
結局、入手したのはこちら↓
 
シマノ(SHIMANO) XM-160K エクスセンス サイレントアサシン160F AR-C
シマノ(SHIMANO) XM-160K エクスセンス サイレントアサシン160F AR-C

やっぱり基本ラインナップのサイレントアサシン。これは160mm。長さはタイドミノースリムの200mmには及ばないが、タイドミノースリムよりもファットボディで、見た目のインパクトはこちらのほうが上(に感じた)!あとやはり32gでAR-Cシステム搭載なので、同じロングミノーでもこちらの方が飛距離は出るかなと。140mmのも持っているけど、比べてもやっぱり160mmはインパクトが大きい!
 
まだ他にも実は気になる(とあるアニキ爆釣の)ルアーがあるのだが、まずは自分の持っている基本ルアーを使いこなせてから。 
 
あぁ、早くサーフでデカミノー、ブン投げたいww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする