トライデント60Sってホントにそんなに飛ぶの?

前に勤めていた会社で、上司と工具箱持って何やら作業していた時に、その上司が真面目に放った一言。
 
「おいっ、そこのモンキーパンチ取って!」

 
・・・
 
・・・は? モンキーパンチ? (゚Д゚; ) エッ?
 
・・・あの・・・それって・・・「ふ~じこちゃ~ん♪」の、ルパン三世の原作者ですけど・・・。
 
・・・もしかして、オタクが目指しているものは「モンキーレンチ」じゃないっすか???
 
家でモンキーレンチを使っているときに、そんな昔のことを思い出した、不肖ゆたりなです。
 

スポンサーリンク

 
さて、最近は風邪やその他諸々で、釣りに行けてません・・・orz この冬は、どーせサーフで釣れねーから他の釣りにチャレンジしたいと思っていたんだけど、意外や意外、カタクチが寄ってお祭りワッショイだったので、なかなか離れられないのよねーっ。
 
そんなチャレンジしたい釣りの一つは、メバリング。特にゴロタ場での。
 
普段から広いサーフでデカいルアーをバビョ~ンとかっ飛ばしてドヒャッと釣っていると、ライトタックルでの釣りはどうしてもあまりやらなくなっちゃうのよね。暗い中、1グラム前後のジグヘッドリグなんて使っていると、もう何やってんだか訳わかんなくなるし。あと、近くでメバルがバシバシ釣れるようなところがないからというのもあるけど。
 
更に尺メバルと出会う可能性の高いゴロタ場での釣りにしても、あまり場所を知らないので、いろいろなところを開拓がてら、尺メバル中心で、あわよくばヒラスズキなんかも獲っちゃおうかと、タックル構成からいろいろ考えているわけなのよ。
 
そんな中、一つ、またまた気になっていたルアーを購入。
 

またまたシマノのルアー、トライデント。注目すべきは60mmの小ささにもかかわらず、AR-Cシステム搭載で飛距離50m超!これぞゴロタ場のメバリングで威力を発揮しそう!

これだけ小さいのに、ホントに50メートルなんて飛ばせるのかね?眉唾ではないの???

仮にこれがホントだとすると、他の追随を許さないルアーと言えるのではないかね?
 
まぁ、メバリングだけでなく、他にもいろんな場面で使ってみようと思っているんだけど。その詳細は追々に。
 
さぁもう既に2月突入、まだまだ楽しいことはこれから、これからww

スポンサーリンク

コメント

  1. esu3go より:

    こんにちは!
    先日釣り動画を観ていたらゴロタ浜でのメバル釣りでしたよ、私も1度挑戦してみたいです。

  2. ゆたりな より:

    esu3goさん、こん○○は!
    ゴロタ場って、アクセスが悪いんで、一人だと怖くてなかなかいけないんですよね~っ。場所をよく知っている仲間がいればいいんですが、この釣りの熟練者が私の仲間にはいないもので。
    とはいえ、いろいろ一人で探っていくのも、結果が出た時はこれまた楽しいもんです。
    寒いしかったるいしでなかなか億劫ですが、近いうちに挑戦したいと思います!