MJリグでないと・・・ デイゲーム

富山遠征以来、久々にやって来ました!ご近所デイゲーム!
 
201604111
9時、根のきつい領域へエントリー。
 

スポンサーリンク


 
白濁りは多少、波は小さいのだが・・・グオッ、左からの横風がキツイ! Σ(゚Д゚)
 
こんな時は、ラインも横風で流されるし・・・ボトムコンタクトが確実に分かり、風に負けない飛距離を出せる、MJリグしかないな・・・
 
201604112
 

現在はジョイントも最新のスーパーマルチジョイント(SMJ)になり、ナツメ型シンカーもラインナップされ、MJリグによるいろんな攻め方が提案されるでしょう。
アタクシも試させてもらっている案件があるのだが・・・おっと、これは秘密!フックセッティングのアレンジも人それぞれ、あなたのアイディア次第!
 
標準での使用では、シンカーは6号(約22.5g)でいいのだが・・・さすがにこれだけの強風だと、着底がはっきりと分かるために8号シンカー(約30g)くらい使った方が良さそうだ。今回は6号しか持ってこなかったためそれしか使わなかったが、この強風下でも着底が分かる。
 
横風などの強風下では、ラインも風で膨らんでしまうため、他のルアーだと着底が分かりづらいだけでなく、浮き上がりやすいため、自分が思っている以上に底から離れていることが多い。
 
その点、MJリグだと、どんな状況下でもきっちり底を探れるため、ワーム用のリグなのに悪条件下での使用に最適!(←矛盾しているようだが)

更に、以前から訴えているが、キャスト時の飛行姿勢,飛距離もバツグン!
 
飛行姿勢に至っては、SMJにバージョンアップされてから、横からの強風下でもクルクル回ることなく、シュパッと姿勢良く飛んでいくので、非常に気持ちが良い!
 
その上、ジョイントの前にぶら下がっているシンカーがあるため、下にトレブルフックを設置しても、根掛かりデンジャラスゾーンであるご近所サーフでの使用でも根掛かりが非常に少ない!
 
そんなウンチクをたれつつ、釣果がサクッと出れば、「さすが天才ゆたりな!」とお褒めのコメントを多数いただけそうな気がした(←勘違い野郎? )が、そこはやっぱり不肖ゆたりな、ぜーんぜん釣れなかったのよね・・・「やっぱりね!」の12時撤収。
 
「天才ゆたりな」と「天才バカボン」って、フレーズ的になんか似ているような・・・。
 
まぁ、次回に期待しましょ!
 
 
※MJリグ関連記事はこちら 

スポンサーリンク

コメント

  1. 飛騨の山猿 より:

    ブログ更新ありがとうございます!
    MJリグいいですねぇ。
    このブログでMJリグを知って、今年のサーフフィッシングには是非使ってみようと思ってます。まだ購入してないのですが、ワームの装着が少し複雑なのかなと感じています。フックやシンカーもいろんなパターンができるようですが、とりあえずゆたりなさんの真似をさせていただきます。
    マゴチはなんとか昨年2匹釣れたのですが、ヒラメはまだなので今年こそ釣りたいです。

  2. ゆたりな より:

    飛騨の山猿さん、こん〇〇は!
    MJリグのワームの装着ですが、これまでのジグヘッドタイプのようにボディに沿ってフックを貫通させるのではないので、刺す位置さえ決まれば逆に簡単です。アタクシ、ジグヘッドタイプを使っていた時にワームがひん曲がるのでイライラしていた方ですので(^^;)
    根掛かりがきついところなら、ハッキリ言って下側のトレブルはいらないくらいです。アワセを若干遅めにすればしっかりとシングルフックがフッキングします。
    開発者の柏木さんですが、岐阜出身の方で、以前は岐阜から富山へ3時間ほどかけて通い続けてヒラメDSリグを考案したんですよ!当ブログの「お気に入り」からリンクできますので、疑問等あれば、直接柏木さんにメールされてはいかが?

  3. 飛騨の山猿 より:

    コメントありがとうございます!
    岐阜の人が開発者!!!
    これは絶対に買いですね〜。嬉しくなっちゃいました!情報ありがとうございます!(^O^)