【シューティングサーフ96(ノリーズ)】使って改めて分かったこと

いやいや、昨日からの雪は凄まじいものがありますなぁ・・・。
 
先週末で16年ぶりの大雪とTV等で言ってたけど、今回も16年ぶりじゃねぇかよ!
 
まぁ、夜中に雨が降って、昼間は暖かくなってきたので、これもすぐに溶けるだろうけど。
 

シューティングサーフ96(ノリーズ)

 
とりあえず、今日は(多分)出撃しないだろうから、またタックルのインプレ。
 
現在サーフでメインに使用しているシューティングサーフ96(ノリーズ)。

リンクのは、最新モデルチェンジ版。オレが使っているのは、旧式のもの。
 
以前もちょろっとインプレしたが、今回はいろんなルアーを投げ、シーバスを含めた魚をそれなりに掛けてから新たに気づいたことがあったので。
 

シューティングサーフはグリップが短い

最近はライジャケを新たに新調し、フロントポケットが大きくなり、それなりに収納しているので、フロント部分が膨れてきた。
 
もう一本のサーフ用ロッドであるクロステージ1002Mを使用して、気づいた事。
 
グリップ部分が長すぎて、キャスト後にリトリーブへ移る際、ライジャケのフロントポケット部分に当たって操作しづらい・・・
 
そこで、シューティングサーフと、グリップ長を比べてみた。
 

こんなにも違う・・・

グリップから先は長い

 
一方、グリップ以外のロッド長はというと・・・
 

これだけ・・・わずか5cm程度。
 
今気づいたが、クロステージのリールシートはアップロック式,シューティングサーフはダウンロック式なので、グリップ以外のロッド長はほとんど変わらない(改めて確認済み)。
 
一応、公証ではクロステージは10フィート。

シューティングサーフは9.6フィートであるものの、実際はほとんど差がない。
 
確かにエギングロッドのようにグリップ長が短すぎると投げにくいし、長い方がしっかりと振り切れ、投げやすい。

とはいえ、長すぎて操作性が悪くなるのも難あり。
 
その点でも、このシューティングサーフは適度なグリップ長で、キャストにも支障をきたさない。
 

張りはあるが、しっかり曲がる

その上、全体的に張りがあるので、キャスト時に振り切った後もティップがぶれにくく、思った以上にルアーを飛ばしてくれる。
 
張りはあるが、魚を掛けた後でもしっかり曲がってくれるので、シーバスを掛けた時でも結構バレにくいという印象。
 
実際、このロッドで今のところバラしたことは一度もない(まだそんなに数釣ってないけど。)。
 
当然、バイブレーションやヘビーキャロでの操作性も、長さの割にはピカイチ!
 
エギのキャストでもしっかり曲げて投げることができるので、エギの飛距離もエギングロッドより上がった気がする。
 

握り部分に金属パーツがない

 

さらに、意外にも気づいた事がもう一つ。
  
最近の極寒下でのシーバス釣りで、あまりの寒さにタイタニウムグローブをはめて釣りしてたんだけど、グローブをしたままだとどうしてもロッドから伝わる感度が鈍くなり、ベイトのゴツゴツ当たる感覚やルアー着底時の感覚がよく分からなくなってしまうのよね。
 
そうなると最近はグローブ無しでやってるんだけど、リールシート部分に金属素材がないので、手元がヒヤッと冷たく感じることがない!
 
さらにリールも樹脂素材のレアニウムci4+と組み合わせれば、少なくともロッドを持つ右手は最低限なんとかなる(リールを回す左手はかじかむと動かなくなるので、こちらはもう少し寒さ対策を考えないといけないが・・・)。
  
使えば使うほど良さがわかるロッド・・・まるで「うなぎのタレ」のようなロッドだな。

 
 
 
 

スポンサーリンク