MJリグの進化型 根掛かり回避能力up

進化型MJリグの利点1つ目、それは、根掛かり回避能力の向上。
 
201608243
 

スポンサーリンク
 

これまでのMJリグでも根掛かり回避能力は高かったが、今回の進化型MJリグのそれは、更に群を抜いているといった印象。
 
根掛かり地帯では通常、極力軽めのシンカーを使用することで根掛かりを防ぐのだが、その分、飛距離が落ちてしまう。更にテキサスリグでは尚更のこと。
 
この進化型MJリグで求めていたのは、ワームリグでの圧倒的な飛距離&圧倒的な根掛かり回避能力を両立すること。
 
まぁ、これまでのMJリグでも根掛かり回避能力はかなりあるのだが、丸形シンカーが根にガッチリとスタックしてしまうと、さすがに外すのは難しくなる。
 
一方の進化型MJリグでは、これまでよりも遥かに根掛かり回避能力が高まったわけだが、その根拠となる構造上のポイントは2つ。
 

1.ナツメ型タングステンシンカーを使用していること

 
まずは比重の高いタングステンを使用することで、シンカーのサイズが同重量でも遥かに小さくできる。サイズが小さい分、根にスタックする確率が少なくなるわけだ。
 
201609073
左:鉛4号(15g),右:タングステン6号(22.5g)。
 
さらに形状をナツメ型にすることで、シンカーの横幅をさらに小さくでき、すり抜け能力が向上、更に根にスタックすることが少なくなるというわけ。
 

2.ラインアイが背中に付けていること

 
とはいえ、いくらナツメ型タングステンシンカーを使用しても、絶対に根にスタックしないわけではない。少なからずもスタックすることはある。その際にスタックを外せるかどうかは、シンカー接続部分から離れた位置にあるラインアイがポイントとなる。
 
シンカー接続部分から離れているため、シンカースタック時に竿を多少煽れば、ジョイントを含めたワームボディーは上下に動くことができる。
 
201609071
通常のMJリグ。ラインアイとシンカーとの距離が短いため、一旦シンカーがスタックしてしまうと、ロッドシェイクしてもジョイントボディをさほど動かせないため、外すのが困難。
 
201609072
進化型MJリグ。シンカーがスタックしても、ロッドをシェイクすればボディを大きく動かせるため、シェイクの振動で外すことができる。
 
したがって、シンカースタックした時点で強引に引っ張らず、軽く小刻みにロッドをシェイクすることで、その振動でシンカーが外れやすくなるという仕組み。
 
これは、シンカーがタングステンだからこそ相乗効果を発揮するわけで、これが通常の鉛シンカーだったら一旦根にスタックしてしまうと、素材が柔かいために更に根にめり込んでしまう。
 

ティップの張りが「強め」のロッドを使うことが前提条件

 
上記の進化型MJリグの根掛かり回避能力を発揮するためには、ロッドのセレクトも重要。ティップの張りが「強め」のロッドの使用が前提条件となる。
 
ティップが柔かめのロッドを使用すると、シンカーが着底したときの感度が鈍くなり、根掛かりがしやすくなる。更には着底した瞬間にリフトする必要があるが、ティップが柔かいと充分にリグを底から充分に上げることができず、更に根にスタックさせやすくなってしまうのだ。
 
これは、ちょうど2年前の富山遠征で、今回と同じ「聖地」にて通常のMJリグをMLクラスの柔らかいロッドで操ったときに、4号クラスのシンカーでも根掛かりが頻発したという事実からも明らかである。

ここで「強め」と敢えて言っているのは、ティップ部分までガッチガチに硬いロッドを使用してしまうと、根掛かって引っ張ったときに、リグが余計に食い込んでしまうのでよろしくない。若干引っ張ってしまってもティップ部分で力を吸収できるくらいの柔らかさ(硬さと言ったらいいのか?)は適度に持っている必要がある。微妙なところではあるが。
 
そのような意味でも、オレが使用しているロッドが適切だと思うのだよ。
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ノリーズ フラットフィッシュプログラム ラフサーフ88
価格:38880円(税込、送料別) (2016/9/6時点)

 

 
 
上記のヒラメロッド以外にも、実はこれ↓も良さげと思っている。エクスセンスのワイルドコンタクト。
全体的に張りがあるので、リグ着底時の感度が良さそう。それでいて魚を掛けた時にしっかり曲がってくれそう。

 
先日の富山遠征にて進化型MJリグを使用したが、飛距離は充分。リグが回転することなく、シンカーを先頭にスパッときれいな飛行姿勢で飛んでいく。多少の横風等あっても、風を切るようにスパッと飛んでいく。
 
バックチャターやシンキングペンシルを着底させずに底付近をタダ巻きさせるだけでも根掛かりロストしてしまう、あのゴロタシャローの「聖地」で、進化型MJリグをボトムバンピングさせても、全く根掛かりはしなかった。22.5グラム相当(6号)のシンカーを使用してもである。これはハッキリ言って予想以上の結果であった。
 
「充分な飛距離」と「根掛かり回避」を両立させること自体が至難の業であるのに、これを高い次元で両立させてしまう凄さ、お分かりいただけたかね?
 
まだまだこの進化型MJリグ、数々の特長があるんですよ・・・
 
(つづく)

スポンサーリンク