ショアスロー ジグとフックセッティングについて

さて、ショアスローを手探り状態で初めてからちょっと経ち、少ない釣果ながらも沖合のヒラメ,マゴチを釣り上げたこと以上に様々な体験をしたことで、非常に有効な釣り方だと確信が持てるようになってきた。まだまだ検証すべきことはたくさんあるが、まずは現時点で分かっていることを少しばかり。
 
まずはジグ。
 
この釣りに適したジグについて、以下の3つの点が重要と考える。

スポンサーリンク

ジグの形状

 
できるだけヒラヒラとゆっくりフォールするものが望ましい。
 
とはいえ、ただ平たいだけの左右対称のものだと、フォール時にクルクル回ってしまって、フッキングが悪くなることが予想される。
 
したがって、フォール時に片面のみがひらひらと落ちる、左右非対称のもの(できればショアスロー向けに設計されたもの)が、今のところ最適な感じがする。
 

ウェイトバランス

 
前回のアンリパ沼田氏の動画にも出ていたが、オフショアのスロージギングと違い、ショアスローはジグに対し、ラインが斜めに入ってくる。
 
そのため、ジグがフロント寄りのウエイトバランスだと、リアフックがリーダーを拾ってしまい、テーリングが多発してしまう。
 
ジグがリア寄りであればあるほど、テーリングが起こりにくく、更には飛距離も出る代わりに、フォールも早い。
 

フックセッティング

 
フックは今のところ、アンリパのスローブラットキャストに倣って、フロントにツインパイク,リアにショートパイク、いずれも#1を使用している。
 

 

 
パイクのフックは、フトコロが広くてフッキングが優れており、口周りに確実にフッキングされる。
 
他のフックをショアスローで試したわけではないが、このパイクのフックが最もショアスローに適していると思われる。
 
少なくともこの釣りに関しては、口の中にフッキングさせる必要はない。ジグに食いついたときに、フックが顔のどこかに掛かっていれば良し。
 
この釣りはフッキングが命なので、リアだけ,フロントだけのフックセッティングではなく、絶対に両方必要。
 
フロント1本だけ付いたショアスロー用ジグがあるが、フッキングが悪いタチウオやヒラメを狙う場合、絶対にあり得ない!
 
ジグの長さとアシストフックのラインとのバランスも重要で、ジグが短いと、アクション時にツインパイクとショートパイクのフック同士が干渉し、互いに引っかかってしまうことが多々ある。
 
これは、アシストフックを自作し、ジグに合わせた適度なアシストラインの長さに調整するか、両フックが干渉しない程度の長さのジグを使うことで解決される。
 
また、リアにトレブルフックを使用すると、着底時の根掛かりやテーリングが多発するため、やはりライン丈が短いショートパイクが最も適していると思う。

スポンサーリンク

 

そもそもショアスロー用ではないが、ヒラメタルはショアスローに適しているのは実証済み。ウエイトはリア寄りで、飛距離は最も良い。ただし、リアウエイトなだけに、フォールが若干早いような気がする。
とはいえ、これまで使用した中ではトータルでこれが最も良い!
 

最近使い始めた、シマノのコルトスナイパーフォール。これこそショアスロー専用設計だが、付属のアシストフックがフロントにショボいの1本のみ。実際にリアを付けるとテーリングが多発!しかも、飛距離があまり出ない。
 

これも逆付けすれば、ショアスローに使える。順付けでは飛距離が全くでないが、逆付けではそれなりに飛ぶ。釣れずに根掛かりでロストしてしまったので、これはこれから試していくかも。ただ、価格が高い!
 

そこで、ショアスローの理想形と思われるのが、アンリパのスローブラットキャスト。このジグがショアスローを試してみたいと思ったきっかけとなったもの。やはりショアスローをしっかりと研究しているだけあって、テーリングを考慮し、遠浅用,ドン深用とでウエイトバランスを分けて作られている。
 
しかし、まだ発売されていない!早くしてよ、アンリパさん!
 
個人的にはアンリパのスローブラットキャストを早く試してみたいのだが、ナチュラムの入荷予定が10月ごろなので、まだまだ先・・・。
 
ホントに早くしてよ!アンリパさん!!!

 
 
※ショアスロー関連記事はこちら

スポンサーリンク