MJリグの進化型 その狙いとは?

夢の富山遠征は、先週終わった。

さてここからは、先週の富山遠征での結果をもとに、シャローゴロタ場での竿抜けポイント攻略を目的としたMJリグの進化型バージョンの説明およびインプレをしてみたいと思う。
 

スポンサーリンク

 
201608242
今回トライしたMJリグの進化型バージョン。
 
201604112
一方、こちらのセッティングが通常のMJリグのセッティング。
 
本ブログをご覧の方で、通常のMJリグすら「なにそれ?」という方もおられると思うが、詳しくは過去の記事をご参考あれ↓

 2013.10.06 朝練:素晴らしきかな、MJリグ(^^)
 2014.03.10 MJリグ
 2014.07.25 ぼくがジグヘッドをやめた理由
 2015.04.25 朝練:MJリグのフックセッティング
 2015.10.20 MJリグ : オレ的フックセッティング
 2016.03.11 MJリグ : オレ的ルアーシリーズ

【進化型MJリグの変更点】
 
1.ピンテールワームを使用
 
2.ジョイント,シングルフックをワームに対して逆付け(シングルフックポイントは下側)
 
3.シンカーはナツメ型のタングステン,更にジョイントの先端(通常ではラインアイの位置)にシンカーを接続
 
4.ラインアイは、バイブレーションと同じ位置で設定

 
 
誤解のないように最初に言っておくが、そもそもこのセッティングはオレが考案したものではない。MJリグの考案者の柏木さんから、以前から提案されていたものなのだ。したがって、オレも以前からご近所サーフで密かに試してはいたのだが、如何せんなかなか釣れない期間が続いたのだ。
 
柏木さんが意図している良さは実感していたのだが、如何せん魚が釣れない・・・まぁ、タダでさえ魚影が薄いご近所サーフで、釣れない時期に試していたわけで。こんな場所で試したところで、正当な評価ができるわけがない。

試すんだったら、やはり魚影の濃い,起伏に富んだ水底の富山で試すべきと考え、今回のゴロタシャロー竿抜けポイントでのデカキジハタ狙いに絞ったわけである。
 

MJリグ 進化型の狙いとは?

 
さてこの進化型MJリグ。販促インパクトを高めようと、単に奇をてらって始めたものではない。それなりの効果を狙ったものなのだ。
 
その効果は複数あるわけだが・・・これを全て丁寧に説明しようとすると、かな~り長くなってしまうので、今後、複数回に記事を分けて説明していこうと思う。
 
そういったわけで、続きはまた後日に述べるとする!
 
201608245
  
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする