ショアスロー 各ジグのパフォーマンス比較

ここしばらくは週末イベント続きと天候不順のため、ご近所ではなかなか釣行できず・・・
今日も朝から地元イベント満載であったため、釣りをするつもりはなかったが、急きょ気まぐれで1時間ちょっとの特打ちエントリー。
 
短い釣行ながら、目的は一つ。ショアスロー用ジグのまだ試していないパフォーマンスを確認すること。

スポンサーリンク

 
今回使用したジグは、いつも使っているヒラメタル(ダイワ)の他、コルトスナイパーフォール(シマノ)とバックドロップキャスティング(ダミキジャパン)。いずれも、フロントはツインパイク,リアはショートパイクによるセッティングにて。
 
201408077
上:コルトスナイパーフォール(シマノ) ---逆付け
中:バックドロップキャスティング(ダミキジャパン)
下:ヒラメタル(ダイワ)
 

コルトスナイパーフォール

コルトスナイパーフォールに関しては、既に前から試しているが、順付けだと飛距離は出ないわ、テーリング頻発するわ・・・だからデフォルトでフロントフック一本の設定なわけねダウン

テーリング頻発ということは、フロント寄りのウエイトバランスと思い、今回は逆付けにして、リア寄りのバランスにして試してみた。
予想通り、テーリングは全く無くなった。

飛距離は・・・順付け寄りは飛ぶようになったが、まぁ「順付けよりは」の程度。まぁ、こんなもんかダウン

飛行姿勢は・・・風が少しでもあるとキャストした瞬間はふらつき気味。
 

バックドロップキャスティング

次に、バックドロップキャスティング。

デフォルトでもフロント,リアに一本づつフックセッティングされており、ジグの丈もフック同士が干渉しない長さに設定されている。

飛距離は充分!飛行姿勢もバッチリ!ウエイトバランスもリア寄りなので、当然、テーリングは無し!

ショアからのスロージギング用によく検討されたジグだと思う
 

ヒラメタル

 
最後に、いつも使っているヒラメタル。

これはショアスロー用ではないが、構造上、ショアスローにも使えると思い、使用している。

ショート丈なので、30グラムのものでは、市販のツインパイク,ショートパイクではフック同士がどうしても干渉してしまう。40グラムのものでは大丈夫だが。

オレ様が使用しているロッドの場合、MAX42グラムまでのルアーは背負えるが、ショアスローでのロッドアクションをするとなると、やはり40グラムではちとかったるい。

これは、自作のツインパイクでアシストラインの丈を短くすれば問題なし。

飛距離に関しては、もうこれは文句なし!テーリングも無し!

タダ巻きもスプーンのようにヒラヒラアクションするので、手前に来た時はゆっくりタダ巻きだけでも充分!

スポンサーリンク

 

まとめ

 

・・・というわけで、この3つのジグの各評価は以下の通り:
 
<飛距離>
ヒラメタル>バックドロップキャスティング>>コルトスナイパーフォール(逆付け)>コルトスナイパーフォール(順付け)
 
<テーリングしにくさ>
ヒラメタル>バックドロップキャスティング>コルトスナイパーフォール(逆付け)>>>コルトスナイパーフォール(順付け)
 
<フック干渉しにくさ>
バックドロップキャスティング=コルトスナイパーフォール(順逆共)>ヒラメタル
 
<総合評価(オレ様流)>
ヒラメタル>バックドロップキャスティング>>>コルトスナイパーフォール

 
この釣りでのオレ様にとっての位置づけは、ゆっくり攻めるための遠距離用戦略であるので、ヒラメタルが一番!
 
バックドロップキャスティングもストレスなく使えるし、フロント,リア共にフックが付いているから、安売りしていたら是非とも購入をお勧めするぜぴよこ3
 
あと、ショアスローを試すきっかけとなったアンリパのスローブラットキャストを早く試したいのだが、いまだ販売されず・・・早くしてよ、アンリパさん!汗
 
・・・あっ、魚は当然釣れませんでしたが、なにか?怒
 
さてさて、明日の釣りはどうしようかな・・・ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする