クロステージ黒鯛(CRK-802ML)

さて、富山遠征失敗やご近所オレだけボウズを経験し、更には台風・・・またしばらくはサーフの状況も落ち着きそうにないので、先日デビューしたクロダイロッドの感想でも一つ。
 
 

8フィートで、ズル引きからポッパーゲームまでをオールラウンドにこなせるクロダイ専用ロッド。まぁ、オレの場合、ライトゲーム寄りの万能ロッドとして使っているんですが。今のところ、掛けた魚は小メバルのみだが、いろんな系統のルアーを操作した感想を一つ。
 

スポンサーリンク
 

ズル引き系で試してみた

まずは底をコツコツ感じながら引いていく、ズル引き系。
 

これを中心に、3グラムのジグヘッドでのズル引きも試してみた。
 
確かに、底をコツコツと感じることができ、深くスタックしそうになったら強めのバットで強引に障害物をかわすことができるため、操作しやすい。
 
これまでズル引きをメバルロッドで試したことがあるが、根掛かり頻発、全体的に柔かいので操作しずらいことこの上ない。
 
一方、エギングロッドだと、ティップが硬すぎて底のコツコツ感を敏感に感じ取りにくい。よくメーカー側がクロダイロッドを説明する上で「根掛かり回避能力」というのを強調する理由が、これで良く分かった。
 
5グラム程度までのジグヘッドで底を探っていくハタゲーにも非常に重宝すると思う。
 
 

バイブレーションでも試してみた

次に、バイブレーション系。
 

5グラムのブリ―マーバイブを中心に使ってみた。

チョイ重め、12グラムのこれも使ってみた。
 
5グラムのブリ―マーバイブは快適に操作できた。12グラムのまめさんでも充分許容範囲内。キャスト時に12グラムだと、ほんのちょっとしんどい感はあったが、それでも快適に操作はできた。早巻き,リフト&フォール,ジャーク共に、操作性では問題なし。
 

ジグヘッドでも使ってみた

もうひとつは、メバリングでのジグヘッドスローリトリーブ系。

今回は2グラムのジグヘッドを中心に1グラムまで使ったが、飛距離も通常のメバルロッドと比べても遜色なし。小メバルのわずかなアタリも充分感じ取ることができ、メバリングでも充分機能できた。はっきり言って、メバルロッドよりもこちらの方が扱いやすいくらい。
 

ワインドもやってみた

 

あとはワインド。

2グラムのジグヘッドからのマイクロワインドから1/4oz(7グラム)+マナティ90mmでのワインドにも使ってみたが、これも操作性は充分。掛けても、サゴシクラス(50cm程度)までは大丈夫なんでないのかね(実際に掛けてはいないが)。
 
使用した感じ、どちらかというとアジングロッドに近い感じはするが、クロダイロッドだからといって硬いかというと、そんなでもない。
アジングロッド自体をあまり触らないので断言できないが、過去に触った経験から、アジングロッドの方がティップから全体的に硬いという印象はある。
 

まとめ

 
総括すると、やはり本ロッドは、ライトタックルゲームでの万能ロッドとして最適であると考える。個人的には、一本のロッドで適宜いろんなゲームを楽しみたいので、こういった先調子のロッドの方が好み。
 
しかもクロステージのロッドは1万円前後でK-Rガイド。これまでのKガイドと比べてのK-Rガイドの使用感の差は正直よく分からないが、オレ的にはこれでもう充分!。
 
とはいえ、「クロダイ専用ロッド」なので、これでクロダイを掛ければ最高なのだが・・・これに関しては今しばらくお待ちを 
 
もうそろそろ、ガッツリとサバを釣りたいなぁ・・・この時期、いろいろ釣りたいものは盛りだくさんだけどね!。

スポンサーリンク