ブリクラス チャンスを掴め!

夢は続くよどこまでも・・・またしてもやって来ました!ドン深サーフ!
 
201506011
今回は、友人のたけっすぃ~と休みの日が合ったので、一緒に釣行。気合を込めて3時前エントリー。

スポンサーリンク

 
前回、ドン深サーフでの不発からの再挑戦。
 
夢のブリクラスはたまに上がっているみたいだし・・・あわよくばの一発狙い!
 
タックルは相変わらずのサーフタックル・・・まぁ掛けてもなんとかなるやろ!はっきり言ってこの不肖ゆたりな、巨大エイを含めてラインブレイクは一度もない。最近は地元サーフでブリクラスが回っているようで、ガチンコショアジギタックルでみんな狙っているようだがなぁ・・・
 
ハンッ、しゃらくせぇ!
 
そんなもんはなぁ、ある程度の強度のノット,ラインで臨めば、ドラグ調整等で何とかなんだよ!( ゚Д゚)=3
 
ステラでないとダメだとか、高いタックルでないと大物は撮れないとか、甘えたことをぬかしてんじゃねぇよ!
(↑完全にビンボー人のヒガミ・・・)
 
おとこはなぁ、安タックルでも気合と冷静な判断で乗り切っていくもんなんだよ!
(↑もう完全に調子に乗っている・・・)

ブリクラス 出るか!

暗いうちから、ショアスローから探っていくが、特に反応はなし。
 
途中、漁師による網が入り、2度ほど中断,移動を繰り返す。
 
移動した先でプレーされていた某地元アングラーへご挨拶し、隣でやらせてもらうことにしたが・・・あれっ、なんか見たことある感じが・・・(・・?
 
ちょっと移動しただけなのに、ここは30グラムのジグでも、着底にカウント40・・・おいっ、どんだけ深いんだよ!
 
明るくなり、たけっすぃ~はサビキで勝負、オレはショアジギで勝負。
 
底の様子を探りながら・・・おっ、ここにブレイクがあるんだな・・・。
 
なーんて、そうこうしていると・・・近くにナブラが!チャンス!Σ(゚Д゚)
 
でりゃぁ~~~っ!!!
(↑室伏広治 : 結婚おめでとう!)
 
・・・チーン・・・ジグに無反応・・・
 
たまにナブラが立つが、周りでも掛けている様子は見られない。シラス食いか?
 

こんな時のために用意しておいた、小型サイズのバイブレーション、ビットブイをキャストしてみたが、これも無反応。チキショー、シラスパターンではハマると思ったんだけどな・・・残念!
 
もう周りも休憩したり、雰囲気がマッタリしてきたので、またショアスローで探ってみようかね。
 

スローブラットキャスト ワイドのアカキン30gにて。これはリアウエイト寄りなので、ここのサーフには最適でしょ!どちらかというと、こちらの方がお気に入りのヒラメタルに近いかな?
 
※ショアスロー関連記事はこちら
 
キャスト→着底後、3回ほど軽くジャーク,フォールを繰り返していると・・・フォール中にいきなりガツンとHit! Σ(・ω・ノ)ノ!
 
・・・あれっ、根掛かり?・・・(・・?
 
いやっ、やっぱりHitだ!よっしゃーっ、ゴリ巻き・・・って、あれあれ・・・
 
ぐぉっ、ラインが出る!ドラグがジーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!

 
きつめのドラグセッティングでこれだけラインが出るのは・・・とうとう出たか!ヤツか!
 
リールがハイギアなので、巻きがキツイ!
 
ダメだ、巻けない!ひたすらラインが出る!
 
しょうがない、ヤツを走らせてから勝負だ!
 
・・・って、これってボトム付近で掛けて、下に走っているって・・・
 
・・・おいっ、そういやぁ手前にブレイクあるじゃん!
 
ヤバい、完全にブレイクの角で擦れている!あぁ、浮かせないと・・・(;’∀’)
 
・・・フッ・・・あらっ、テンションが・・・
 
ダーーーッ、痛恨のラインブレイク!!! (´Д`)アーッ・・・
 
200m巻のPEラインも、半分近く持っていかれた・・・
 
<使用タックル>
ロッド : クロステージ CRK-1002M  (メジャークラフト) 
リール : ’11バイオマスター4000HG (シマノ)
メインライン : ハードコアX8 1.2号 (デュエル)
リーダー : シーガー フロロショックリーダー 4.0号 (クレハ) 

これまでマッタリしていた周りの雰囲気が、一瞬で熱くなり、皆狙い始めたが・・・反応なし。
 
地元アングラーさん達とも話をしたが、やはりここらではブレイクの角でやられるから、ガチンコのショアジギタックルで強引に浮かせないとヤツは獲れないとのこと。
そのため、PEラインも2.5号を使用しているとのこと。
 
201506012
ここではやっぱりこのタックルでは・・・ヤツを獲るにはキツイか?
 
たけっすぃ~もゴミばかり掛けて、魚の反応はなし。
 
ナブラが出ても掛けられそうにないので、6時半頃撤収。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いやぁ、この状況下でこのタックル構成だと、ヤツはムリだな。このタックル構成だと、小ワラササイズでギリ、ゴリ巻き可能だが、それ以上だとなぁ・・・

ここだと確かに磯で使用するショアジギタックルでないと厳しいかもしれない・・・地元サーフでならドラグ操作でなんとか獲れる自信はあるのだがね。
 
かといって、早々狙えるもんでもないし・・・そのためにガチガチのショアジギタックルを揃えても、今のオレの釣りスタイルには合わないしな。
 
まぁ、あれはちょっとムリだったということで。
 
周りがシブい状況下、手を尽くしてヤツから反応を得られたことを、今回の収穫にしたいと思います。
 
 
この後、カサゴング道場につづく・・・
 
 
 
(追記)
 
隣でプレーされていた、某地元アングラー・・・
 
なんか見たことがあるなと思ったら、このかたでした。
 
某地元アングラーさん、いろいろとお話しさせていただき、ありがとうございました!
機会がありましたら、そちらの清掃活動にも参加させていただきます!

コメント

  1. booska より:

    巨大魚、残念でしたね。
    震災前、大型フェリーが入港する仙台新港に通っていました。
    ここは、年に何回か巨大な青物が回遊してきます。
    それがヒットした時には、あっという間にラインブレイクします。
    4回やられました。
    それから、ラインとリーダーを太めにしています。
    いつか釣りたいとおもっていましたが、その場所で釣りができません。
    工事が終わったら安物タックルでチャレンジしますよ。

  2. ゆたりな より:

    ブースカさん、こん○○は!
    地元サーフではめったにそんなのは来ないし、やはり私の通常の釣りはランガンで魚を拾っていくスタイルなので、敢えてガチンコタックルは必要ないかなと今は思っています。
    仙台新港やドン深サーフが私のメインフィールドだったら、ガチンコタックルの準備はありだと思うんですがね。
    ・・・とはいえ、タックルでちょっと悩んでいる自分がいます・・・(^^;