釣りビジョンVODってどうよ?【14日間の無料期間アリ】


釣りをしている人にはもうおなじみ、『釣りビジョン』。

スカパーやケーブルテレビで24時間365日、ひたすら釣りの番組を提供する釣り専門チャンネル。

そんな釣りビジョンだが、今から8年ほど前のこと。

今のところへ引っ越してから心機一転。ケーブルテレビを契約したついでに釣りビジョンも追加契約した。

「もうこれで釣り番組が見放題!」と、契約した当時はウキウキしていたものだが・・・

しばらくしたら、そんな楽しみにしていた釣りビジョンをほとんど見なくなっていた。

その理由とは?

ぼくが釣りビジョンを見るのをやめた理由

この不肖ゆたりなが釣りビジョンを見なくなった理由、それは下記の3つ。

皆さんも思うところがあるのでは?

妙にうるさい番組が多い

釣りビジョンの番組は、妙にうるさいのが多い。

うるさい番組というか、番組の企画の問題と、出演者そのものの問題の2つがあるだろうが、特にバスフィッシングの番組でうるさいのが多く、しかも釣り場でやたら大声で叫んだりといったシーンが多い。

釣れると嬉しいのは分かるが、ハッキリ言って騒ぎすぎ。

釣り場で妙な踊りをしたり、コーラをがぶ飲みしたり。

面白おかしくしたいのは分かるが、別に釣り番組で面白おかしいものを見たくはないし。

それ以前に、常識を疑うような演出は、ちょっと気分が悪いよね。

釣りガールの番組が多い

これは釣りの裾野を広げたいという意図があるのは分かるが、釣りガールの番組が多いのも釣りビジョンを敬遠するようになった理由の一つ。

もちろん、釣りガールそのものを否定するわけではない。

「釣りに女なんてけしからん!」と言うつもりもないし、むしろ女だろうと男だろうと、釣りが好きなら性別なんて気にせずやりゃいいとすら思っている。

ただ、釣りガールの番組って、妙に女性のかわいさをアピールする演出が、個人的にはいただけないと感じている。

特に、これは好みもあるのだろうが・・・釣りガール番組のオープニング・・・あれ、なんとかならんかね?

もう完全にパターン化されているというか、妙にかわいく見せようとする演出というか。

昔の青春ドラマのように、波打ち際でバシャバシャやるのとか、手でハートマークを作るとかね。

気にしない人は気にしないんだろうが、見ていてなんかちょっと小っ恥ずかしい。普通にやりゃぁいいのにさ。

だから、釣りビジョンを観るタイミングで釣りガール番組があると、つい観るのをやめちゃうんだよね。

自分の観たいときに目的の番組が見られない

目的のジャンルの釣りを観たいのに、観たいタイミングでは興味のないジャンルの釣り番組が放映されているということが多いのも、釣りビジョンを観なくなった理由の一つかな。

番組表で観たい番組を探してビデオ録画すれば良いんだけど、ちょっと面倒くさい。

しかも、一定期間同じ番組ばかり繰り返し放送されるので、ちょっと新鮮味がないのもあるかな。

youtube動画で事足りてしまう

最近では一般アングラーもyoutube動画で情報発信することが多くなったが、特にプロアングラーによるyoutubeチャンネルは、コロナウイルス以降、急激に増加した。

そのため、質の高いハウツー動画も無料で、しかも好きなタイミングで自由に観ることができるので、釣りビジョンまで契約する意義が薄れてきたというのもある。

でも、釣り番組で想像力を働かせるのは、とても有効

以上、釣りビジョンを観なくなった理由を述べてみたが、それでも誰でも撮影できるようなyoutubeとは違い、念入りに企画や編集がされている釣り番組で釣りの想像力を働かせるのは、上達するうえではとても有効な手段だと思う。

特に同じ場所でいつも釣りしていると、そこでの釣り方の固定観念や思い込みが強くなりすぎて、他の場所へ遠征に行っても臨機応変に対応できないなんてこともあるだろう。

オレの場合ははご近所サーフがメインだが、静岡や富山など、比較的変化に富んだフィールドで釣りをしているので恵まれている方だが、多くの人は仕事や家庭の事情で釣りをする状況が制限されていると思う。

そんな方でも、日本全国いろんなジャンルの釣り番組を観るだけでも、自分が釣りしている以上の想像力を掻き立てることができるのって、とても大きいよね。

もちろん、youtubeには出てこないような大物アングラーが、釣りビジョンで見ることができるというのも、大きな魅力の一つ。

そういった大物アングラーの実釣テクニックを、釣りビジョンなら見ることができるのも大きいよね。

「釣りビジョンVOD」ならどうよ?

そんな釣りビジョンだが、これまでのスカパーやケーブルテレビの一チャンネルだけでなく、『釣りビジョンVOD』としてサービスが開始された。




» 今なら14日間無料お試し「釣りビジョンVOD」

VODとは、ビデオ・オン・デマンド(Video On Demand)の略。

つまり、いつでもどこでも、好きな番組を選んで観ることができるということ。

VOD形式にすることで、これまでの釣りビジョンでは実現しなかった以下のようなことができる。

好きな番組をチョイスできる

そもそもVOD形式なら、観たくもない番組を見る必要がない。

釣りビジョンの番組は先ほどのような観たくない番組もあるが、とても有意義な番組だってある。

もちろん、その価値基準は人それぞれだが、自分の好きな番組をチョイスできるというのは大きい。

スマホやPCで好きなときに閲覧できる

通勤中の電車の中や、休憩時間など、好きなタイミングで自由に見ることができる。

今までだったら、見たい番組が始まる時間に合わせて見るとか、ビデオを録画するとかで、こちら側が番組に合わせなければならなかったけど、VODならこちらの都合に合わせて、しかも見たい番組を選ぶことができる。

ということは、忙しい人や、家では家族がテレビを観ていて自分の自由な時間に観ることができない人にとっても、スマホやPCから釣りビジョンを楽しむことができるのは良いね。

【あなたはどのタイプ?】タイプ別VODの利用方法

新たなジャンルの釣りにチャレンジ中!

特にこれまでとは異なるジャンルの釣りに取り組み始めたアングラーなんかは、その目的のジャンルの釣り番組だけを閲覧してイメージトレーニングするのもアリかも。

自分の釣りをさらに極めたい!

例えば、ハタゲーを極めたいのであれば、ハタゲー番組の『Rock’n Fish』を見まくって、自分のハタゲースタイルを見直すのも良いだろう。

『ヒラメイト』で、サーフの地形の見方を勉強するのもいいだろう。

それぞれの釣りに特化した番組が必ずあるので、それらをVODでチョイスし、集中して勉強するのもアリでしょう。

コロナによる自粛でフラストレーション溜まりまくり!

もちろん、コロナで釣り遠征自粛中ならば、単に暇なときにVODを見て、釣りに行けないフラストレーションを発散するというのもアリ。

時間が空いてるときに単なる暇つぶしで見るのもアリ。

したいことを我慢し続けるのは体に悪い。せめて空き時間に釣りビジョンVODを見ることで、欲求不満を解消していただくのも良いだろうね。

今なら釣りビジョンVODが14日間無料で利用可能

このようにVODを利用しながら、自分の釣りに役立てるのはアリだと思う。
» 今なら14日間無料お試し「釣りビジョンVOD」

しかも、今なら釣りビジョンVODへ加入すると、最初の14日間は無料。

もちろん、無料期間の利用制限は一切なしで、有料期間と全く同じように楽しむことができるし、解約方法も面倒なことはないので、気軽に始めることができる。

仮に有料期間に入ったとしても、料金は月額1200円。

コロナによる自粛期間中、フラストレーションが溜まりまくってムダにルアーを買い漁るよりも、少しでもフラストレーションが解消されるし、ムダな出費も少なくなると思えば、嫁が目くじら立てることもないかもね。

個人的には鮎釣りやレイクトラウトの釣りなんかが気になるので、釣りビジョンVODでそこらへんを集中して観てもいいかな?




» 今なら14日間無料お試し「釣りビジョンVOD」

スポンサーリンク