カサゴの穴釣りで大興奮!の、ライトゲームフィッシング

やってきました・・・って、・・・どこへ?

今日はいつものご近所サーフではなく、ちょっと遠出のゴロゴロ堤。

予定の仕事が早く終わったのだが、ご近所サーフで釣りするにしても強風。しかもすこぶる寒い。

そんだったらちょっと風から逃げられる場所へ遠出して、久しぶりにライトゲームで楽しんでみましょうか!

スポンサーリンク

足元の捨石周りでの穴釣りフィッシング

お昼近くに捨石だらけのゴロゴロ堤へ到着。

風をよけられると思っていたが・・・実際に到着してみると、そうでもない。

一方、、足元の捨石回りを見渡すと、小魚やらが豊富で、なんか生命感が感じられる。

キビナゴなのか、イナッコなのか分からないが、たまに群れで泳いでいるのも見かける。

そして、真昼間でも釣れる釣りといえば・・・そう、穴釣り。


反射しているので見にくいが、こーんな捨石の隙間へジグヘッドリグを落としていく。

偏光グラスで魚が隠れていそうな穴を見つけ、狙い撃ち。お留守だったら次の穴へと移動していく。

タックルは8.6fのロングロット。ちょっと岸から遠い場所でも広範囲に穴打ちができる。

近年は富山以外でライトタックルでの釣りをしないので、在庫のジグヘッド1.0gにハネエビを使って攻めていく。

一つ一つの穴を丁寧に〜チョンチョン・・・ストップ!

プルプルプル・・・

アタリは多いが、なかなか乗らない。

ストップしている時に・・・


スコーン!


スココーン!


スココココーン!

小さいが、カサゴが連発。チョー面白い。

乗らない時は鬼爪フックを装着すれば乗りやすいのだが、同時に根掛かりも多発する。

乗らないのに大きなアタリはたいていベラ。写真は無いが、ベラも連発。

ベラってアタリは大きいんだけど、あの小さい口にフッキングさせるのは難しいのよね。

けど、アタリが頻繁にあるので、チョー楽しい。

ちょっと良型カサゴが穴に入られ、苦戦!

そんな中、他には無い大きなアタリが!

ブッコ抜こうとしたが・・・あらっ、ドラグが鳴ってブッコ抜けない!穴の奥に入られた! Σ(゚д゚lll)

ちょっと立ち位置を変えて抜こうとしても、穴から出てきてくれない。

辛抱強く待っていると・・・オォっ、抜けそう!

ドラグを締めてぶっこ抜くと・・・


どす黒い20センチ超の、ヒレピン良型カサゴ。穴釣りでこのサイズが釣れれば大満足。

その後も程よくカサゴとベラが連発。いやぁ、楽しいっ!

【タックルデータ】
・ロッド: ペズ86UL+(テイルウォーク)
・リール: ’11フリームス2004(ダイワ)
・メインライン: アーマードF+ 0.3号 (デュエル)
・リーダー: バリバス ライトゲーム ショックリーダー 6lb (モーリス)
・スナップ: ライトゲームクリップ(カツイチ)

スポンサーリンク

まとめ

いやぁ、太平洋側で久々にライトゲームをやったけど、楽しいね!

もうすこし近場で気軽にライトゲームをできるような場所があればよいのだけれど。まぁできなくは無いのだが、駐車スペースがね。

この時期、夜中にメバリングなんかもできるんだけど、寒くて暗いと集中力がね。最近はデイゲームに慣れてしまっているから、なかなかね。

まぁ夜中でなくても穴釣りで楽しめるから、できれば今後はもう少しライトゲームにシフトしたいところだけどね。

早いもので、もう2月に突入。

どんな釣りをするにせよ、もっと春らしい釣果が得られるといいですね!

スポンサーリンク