最近の釣り具メーカーに、ものもーす! ド━(゚Д゚)━ン!!

おーいっ、お前らっ! (*`д´)σ

突然だが、最近の釣り具メーカーに、ものもーす! ド━(゚Д゚)━ン!!

ちょっと最近の釣り具業界、あまりに酷くないか?

ソルトルアーフィッシングを始めて7年程経つが、この業界って、もしかして昔からこんなことが横行しているの?どこの業界でも、多少はこんなことがあるという話はよく聞くが、それにしたって、末端ユーザーですら分かるようなものって、如何なものだろう?

パクリの応戦、いーかげんにしろよ!

がっぺ、ムカつく!

そんなんで最近は、釣りに対してのワクワク感がなくなってきたので、釣り具屋へ行こうとも思わなくなったし、釣りにも積極的に行こうとも思わなくなった。いや、釣りについては、厳密に言うと、たまに行くんだけど、単に釣れないというだけなのだが・・・^^;

スポンサーリンク

弱小企業のネタを大手企業がパクる!

具体例を出すと、名誉毀損だー損害賠償だーなんて言ってくるだろうから、敢えて言わないけど。大手企業同士のアイディアのパクリ合いもどうかとは思うが、弱小企業がアイディアを絞り出して開発,販売した製品のコンセプトまでも、大手企業が丸々パクるのは如何なものだろう?

特許や実用新案を申請していないなら、原則、パクっても問題ない(厳密には違う)が、近年の釣り具業界は、ちょっと酷い。酷すぎやしないか?

素人目からでも、露骨に分かるようなパクリ合戦。自社で出せるアイディアが枯渇しているのだろうと想像できるし、「世の中そんなに甘く無い」というのも、ある意味分かる。しかし、あまりに露骨すぎるだろ!

ちょっと、企業モラルを疑っちゃうし、業界自体もどうかしてるんじゃないの?この業界って、こんなもんなのかね?

弱小は地道に製品の改良を重ねて努力してるのに・・・大手はパクる!

それこそ、ナナメよんじゅうごどのパクりや、海原はるかルアー、なんとかビームのパクり、二つブレード取り付けたモンのパクリ,・・・あぁ、素人アングラーであるこの不肖ゆたりなでさえも、思いつくものは数知れず。

昔から一つのアイディアを長年試行錯誤しながら、地道に改良を重ねてきて製品化している優良メーカーもあるわけよね。そんなメーカーが長年かけて開発したアイディアを突然横からパクるって・・・言い分はあるのだろうけど、ちょっとやりすぎだと思うのは、オレだけだろうか?「公知の事実」と「人のアイディア」との境界線は、多少なりともグレーなところはあると思うが、製品を出すタイミングから考えても、明らかに他からパクったものだろ!

大手としての意地はないのか?

大手メーカーは、弱小メーカーと比べても充分すぎるほどの資金力やノウハウがあるんだから、もっと自分たちのアイディアを前面に出して製品化できないものかね?

MJリグの柏木氏にしたって、ヒラメDSやらMJリグを一人で開発,製品化してるんだよ。企業のバックアップなしで。前から「よくそんなの一人でできるな〜!」と思ってはいたが、これだって地道な努力に依るものだからね。ノリーズブランドのラフサーフ88も柏木氏がプロデュースしたものだが、横並びのヒラメロッドと比べても、かなり独自路線を行っているからね。

村越正海氏にしたって、独自の視点で15フィートのヒラスズキロッドを提唱したり、「竿抜けポイントを攻める」ためのキャスティズムを提唱したりしているわけだ。村越氏の意向を汲んで、ダイワが製品化してはいるものの。

個人でさえもこれだけ努力して頑張っているんだから、大手企業ももう少し意地を見せて欲しいよね。企業は利益優先なのは分かるが、それにしたって、大手としての意地はないのかね?企業モラルを疑ってしまうんですが。

例えば、同じヒラメ用タックルにしても、メーカーによって捉え方が異なっても良いと思う。

ヒラメルアーにしても、「ヒラメは下から食いつくから、フックは多くすべき」という捉え方もあるだろうし、「いやいや、ヒラメは丸呑みするから、シングルフック一本で充分!」という捉え方もあるだろう。ヒラメロッドにしたって、「遠くへルアーをぶっ飛ばす必要があるから、長竿が必須」という考えもあるだろうし、「ヒラメなんてそんなにいないんだから、ランガンでサクサクっと歩きながら探れる軽い竿でなきゃ」という考え方もあるだろう。一律同じということはあり得ないと思う。

そうなれば、自ずとメーカー毎の差別化や多様化もされるだろうし、ユーザー側もどちらが自分の釣りに合っているのかを模索できるしで、もっと面白くなると思う。

いずれにしても、大手はパクることは控えて、もう少し大手なりの意地を見せてもらいたいものだね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、今までずーっと思っていたことを敢えて述べてみた。皆さんも同じように思っていたんじゃないのかね?

これまでは、デザインがカッコ良いものとか、有名アングラープロデュースとかで目先の売り上げを上げていたところが大きいと思うが、もうそろそろ釣り具業界も頭打ちになっているだろうから、ここはやはり原点回帰、ユーザーがワクワクするような製品開発をしていただきたいと切に願う次第である。

まぁ、そんなに格好良くいかないまでも、せめて露骨なパクリ合戦はやめましょうよ。ユーザーもバカじゃないんだから、白けちゃうって。

大手をはじめとした釣り具メーカーさん、もう少し意地を見せてくださいな。今後の釣り具業界、もっとワクワクさせてくださいよ!ねぇ! (^o^)

スポンサーリンク