ショアスロー根掛かり対策結論 (他、オーバル入手ネタ)

ようやくスローブラッドキャストオーバルを入手。ナチュラムサイトを見たら、40グラムのみではあるが入荷したようで、在庫が2つしかなかったが、それらすべて買占めぴよこ_酔っ払う
 
201511084
最初に見た印象・・・デカっびっくり
 
同じ重量どうしでの比較にはならないが、30グラムのスリムの方と並べてみても・・・
 
201511085
横幅デカっ!ビックリ

片面のみディンプルがあり、これでもスローにフォールさせるために表面積を稼いでいるのだろう。
 
これも今後、根掛かりしないよーに大事に試していこうと思う。
 

スポンサーリンク

 
さて、ショアスローの根掛かり対策としたリアのみのフック仕様の評価について。
  
主に根の多いご近所サーフを中心にテストしたが・・・
  
結論から述べると・・・根掛かり率はそんなに変わらないダウン
 
実際に目で見て確認していないから何とも言えないが、おそらくスナップ部分からの根掛かりなのだろう。
 
フロントフック付けた時よりかは根掛かりした際の回収は若干できるが、劇的な改善とは成り得なかった。

ショアスローで根掛かりを回避するには

 
ショアスローで根掛かりを防ぐには・・・
フォールの度に着底させず、ギリギリのところでリフトさせる

もうこれしか手は無いな・・・といった最終的な結論。

ショアスローだけでなく、どのルアーにも言えることだが、ルアーを着底させている限り、根掛かりの危険度は高いままである。

ショアスロージグの場合、スナップ部分からの根掛かりした場合、ラインテンションを緩めたりすれば外れる可能性はある。しかし、フロントのアシストフックが付いている状態でスナップ部分から根掛かりした場合、スナップ部分が外れたとしても、フロントのアシストフックがあるために再度根掛かってしまうことがある。

一般的なジグの場合、根掛かり帯ではリアフックを外してフロントのアシストフックのみが良いと言われているが、ショアスロージグの場合は、それとは理屈が異なると感じている。

少なくともショアスロージグの場合、フロントアシストフックは下側に位置するので、ここが根掛かりする可能性が非常に高いと感じている。

リアを針先上向きのシングルフックにして、フロントアシストフックを外せば、確実に根掛かりは減らすことができる。

とはいえ、それでも着底させてしまうと、根掛かりのリスクは高まる。どうするか?

それにはやはり、できる限りジグを着底させないこと。それでいて底スレスレを舐めるように攻める。もうこれしかない。
 
まぁこの結論に至るまで、ジグを何個根掛かりロストしたことか・・・もーいやっ!
  
yutopia
これって、「よろしくーねっ!」のポーズだったっけか・・・   (※他サイトより抜粋)
 
まだまだフラットシーズンはこれから。
 
隙をみて、オーバルの評価をしていきましょうかね!ぴよこ3
 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kinchan.719 より:

    こんにちわ
    このジグは水深20メートルくらいの私のHGの
    ESO漁港外側でも使えますかね?
    40gもあればいけそうなきもしますが。。。

  2. ゆたりな より:

    kinchan.719さん、こん〇〇は!
    まだ使用していないので何とも言えませんが、スローフォールタイプなので、水深20メートルだと着底まで結構かかるかも。
    また、潮流があったら、結構流されてしまうかもですね。
    どれくらいのスローフォールなのか、早く試してみたいです!