ショアガンエボルブ ショアスロー用ロッドってどうよ?

はぁ・・・地元メバリング開始宣言したはいいが、なかなか活動できず・・・タラ~
 
寒いのと、釣行が夜中になるので、なかなかテンションが保てず、釣りには行けていませんぴよこ2
 
正直、多少の寒さは全く大丈夫なのだが、夜中の釣行に関しては、ある程度釣れる目途が立ってないと、テンションを維持するのが非常に難しい。
 
今回の冬はめずらしく体調も問題ないのだが、この時期特有の・・・なんていうか・・・いつものサーフでも何か攻める気が起きないのよねダウン
 
まぁ、いずれチョコチョコと出撃しつつ、そのおこぼれにガツンとデカいのが釣れればテンションも戻るでしょ!ぴよこ3
 

スポンサーリンク

  
さて、話は変わって、アンリパから、ショアスローロッドがラインナップされた「ショアガンエボルブ」が発売されるようだね。
 
shuregun-evolv_logo[1]
※アングラーズリパブリックHPより抜粋
 
ショアスロー用ロッドがラインナップされているが、そんなに使い勝手が違うもんなのか?

どうなんだろ?ショアスローするのには、さすがに通常のショアジギングロッドだと硬すぎるんだろうな。ティップが若干柔らかい作りになっているのかな?

ジグの重量に合わせて、いろんなタイプのショアスローロッドがラインナップされているようだが、現場に何本も持っていくことなんてないだろ。ロッドの場合、使い分けするための「細分化」よりも、全てをこなせる「汎用性」を重視したほうが、需要はあると思うのだが。

初めてのショアスロー用ロッドなので、確かに興味はあるのだが・・・
 
正直、オレ的にはそんなのより、サーフでいろんなターゲットを多彩に攻めることができるためのロッドの方が欲しいけどね。要は万能ロッド。
 
そういう意味では、今使っているノリーズのフラットフィッシュプログラムであるシューティングサーフやラフサーフが、現存のロッドではベターだとは思うのだが。
25233966[1]

アブガルシア(Abu Garcia) Salty Stage KR-X トリプルコンセプト STCS-902MT-KR

手にしたことは無いが、以前にも紹介したアブガルシアの「トリプルコンセプト」も、フラットフィッシュプログラムより安価で目の付け所は良いのだが、背負えるルアーウェイトのMAXが35gってのが・・・せめて40g程度まで背負えると良いのだが。
ワインドで1ozまで背負えるようだから、40g程度なら問題なさそうか?

 
今後発売される、ショアガンエボルブのショアスロー用ロッドの実力は如何に?
 
 
 

スポンサーリンク

コメント

  1. booska より:

    寒いですね。
    今、アンリバさんのHPを見ていました。
    釣り道具がどんどん細分化されてますね。
    私のような1本のロッドでいろいろな魚を釣りたい
    人間を惑わせますね。

  2. ゆたりな より:

    ブースカさん、ホント寒いですよ!
    まぁ、メーカーも商売ですから、できるだけ細分化すればそれだけ製品群が揃うわけですからね。営業ネタとしても定期的に出す必要があるでしょうし。
    特にサーフではランガンして魚を探さなければならないので、バス釣りみたいに各専用ロッドを何本も持っていくなんて現実的ではないですね。
    男ゆたりな、♫包丁一本~♪ではないですが、♫ロッドをい~っぽん♪で勝負です!

  3. 半蔵 より:

    ショアガンのH+を使ってましたが、ティップをパリンパリンのコチンコチンに作ってあるので、ジャークはそこまで大幅にしなくてもジグを飛ばせました。
    でも、ティップが硬いので着底が分かり難い時がありましたね。
    それと、ラバー系やただ巻き系での使用はアタリを弾いてしまう事があったので、トータルでは使い難いかもです。
    私もタックル1本派なので、いろんなルアーをカバー出来るロッドを探し求めてさ迷ってますw

  4. ゆたりな より:

    半蔵さん、コメントありがとうございます!
    やはりそうなんですね、実際のショアガンH+ユーザーの使用感は非常に参考になります!ならば、エボルブのショアスロー用はもう少しティップが柔かくなっているのかな?
    そう考えると、私が使っている旧シューティングサーフはサーフ万能ロッドとして非常に優秀だというのが分かってきます。トリプルコンセプトは、安価で実は良いかもしれません。実際に手に取ってみたいです。
    自分に最適なロッドを求めて三千里・・・歩いてみてください!