ブリーマーバイブのサイズアップを熱望!根掛かりに強いバイブレーション

神様!仏様!エコギア様!

切に願います!

ブリーマーバイブのサイズアップ版が出ることを!

ブリーマーバイブが優秀であることは、過去のライトハタゲー記事でも実証済み。これだけ優秀なバイブレーションなのに、ブログ等での釣果情報がほとんど無い。あまり使う人がいないのか?単にブログ等にアップしてないだけなのか?いずれにしても、ほとんど評判を聞かないのかが不思議なくらい。

スポンサーリンク

ブリーマーバイブの根掛かり回避能力は経験済み

捨て石ゴロゴロ、根掛かり必須の「チヌ場」で既に使用し、比類なき根掛かり回避能力を発揮。


浅場のライトゲームではあるが、昨年はオオモンハタ,ベラ、そしてクロダイを釣り上げた。

この時、ボトムタッチを多くさせたにもかかわらず、根掛かりロスト率は驚異の0%。母数は確かに少ないものの、この「チヌ場」で、この根掛かり回避能力は相当なもの。

確かにフロントフックが装備されていないということもあるが、それ以上にこの形状、このフックシステムが素晴らしい。


小さいチヌバリをチラシにしているのだが、口が小さいベラでさえもフッキングしてしまう。

実際に泳がせてみると、ボディを立て気味にして泳ぐが、リアに独自のチラシフックとラバーのチンチロリン(?)がピロピロと程よくアピールするため、非常に魅力的な泳ぎを見せる。

ライトタックル用バイブレーションの中でも、飛行姿勢や飛距離はトップクラス。チラシフックがリーダーを拾うような、バイブレーション特有のトラブルも皆無。

軽くシャクればダートもする。かなりの秀逸なバイブレーションである。

ヒラメやマゴチ,ハタゲーにも最適なサイズアップ版をぜひ!

このブリーマーバイブのサイズアップバージョン、是非とも出していただけないだろうか。

以前から個人的には希望しているのだが、現在までエコギアから出す様子が無い。サイズアップバージョンは全く考えていないのだろうか?

チヌだけに使用するにはあまりにも勿体ない。これこそ、サイズ展開しても良さそうなものだが。

ライトタックル用のがこれだけ優秀のなのだから、サイズアップバージョンが発売されれば、底物ターゲットの代表格であるヒラメやマゴチの他、ハタ類を狙うときにも、根がきつい場所であっても恐れることなくボトムコンタクトをすることができそうだ。

ボトムコンタクトだけでなく、ボトムを這うような釣りにも使うことができるので、これまで以上にボトムでの釣りのバリエーションが増えそう。

これまで、根掛かりが多いご近所サーフでバイブレーションを使用する場合、ボトムコンタクトによる根掛かりが怖いため、バイブレーションでマゴチを狙うことを敢えてしなかった。

更にハタゲーでは、ゴロタや磯のような根掛かり必至の場所になるので、これまではMJリグ主体の釣りであった。

ハタゲーの場合、ショアスローや通常のバイブレーションの釣りも可能ではあるが、ボトムを意識する釣りでは、根掛かりが怖いので、積極的に使うことは難しい。更に強風下での釣りとなると、これまではほぼMJリグ1本の釣りに限られてしまう。

これにもう一つ、ブリーマーバイブのサイズアップバージョンでの釣りが増えれば、MJリグとほぼ同じ使用感,頻度での釣りが可能になる。

当然、サイズアップすることでの新たな課題もあるだろうが、それらを克服しさえすれば、唯一無二のバイブレーションとなることは間違いない。

スポンサーリンク

まとめ

ブリーマーバイブが発売された当初、この形状を見た時に「これは売れるだろ!」と思っていたが、意外にも店舗ではほとんど見かけることは無かった。

特に地元の西湘地区では、チヌゲームがマイナーであるために仕方ないところはあるだろうが、名称からして「ブリーマー」と、完全にチヌ用に限定してしまったところに原因があると思われる。

メーカー側の販売戦略までは分からないが、とにかく、良いバイブレーションであることは間違いないのだから、まずはサイズ展開し、いろんな底物ターゲットにも使えるようにしていただきたい。

ブリーマーバイブの価格が6~800円程度と手頃な価格設定であったため、サイズアップバージョンもそれ相応の低価格に設定できれば、絶対に売れると思う。特にフラットフィッシュ用なんか、絶対に人気が出ると思うんだけどな。最近ブームになりつつあるハタゲーなんかにも最適だと思うし。

是非ともサイズアップバージョンの発売を願いたい!

スポンサーリンク