ヒラメDS:3

今回はヒラメDS開発者の柏木さんについて等、自分が思うところをコメントしようかね。
 
あくまでも自分自身の思うところなので、開発者である柏木さんの意図とは多少ずれているかもしれないけど、そこはあしからず。
 
また、自分の意見に批判的な人がいるかもしれないが、それはそれで放っておく。あくまでも自分の思うところなので。
 

スポンサーリンク

ヒラメDSに興味を持ち始めて最初にしたのは、情報収集。柏木さんのHPの内容を片っ端から熟読(今でも見返しているほど)し、出来る限り真似をするようにしたね。
 
そのおかげか、ただただタイミングが合っていたのかは分からないけど、すぐに結果を出すことができたね(過去ログを参照)。更なる詳細は柏木さんが運営しているHPをご覧あれ:
ヒラメDS 未常識のヒラメ釣りメソッド http://hirame-ds.com/
 
柏木さんのHP内容から、本リグ開発に関して、こだわりがいろいろとあって、それら一つ一つに意味があるんだけど、その中でもとくに自分が共感というか、凄いなと思った点を幾つか挙げてみようかね:
 

釣り人の立場に立った考え

一つは、妙に商売っ気を出さずに、釣り人の立場に立った考えを持っていること。
 
本リグは根掛かり防止機能があるため、リグのロストが極端に少ない。そのため、購入サイクルが少ないため、自分のような貧乏アングラーからすると非常にありがたいが、売る側からすれば儲からないだろうなと簡単に察しがつくだろう。
 
HP内容から柏木さんの意図が特に感じられるのが、本リグを利用する側への配慮。それこそワームの色なんかも1種類(ミノーM,115カラー:エコギア)あればいいと言い切ってしまっているほど。
 
釣れなくていろいろと悩んでしまうより、一種類のカラーで通したほうのが、原因を絞り込みやすいという意図がある。
コレに関しては、自分も技術屋の端くれとしては非常に理解できる。
 
普通、売る側としては、「状況に応じていろんな色のワームを持っていたほうがいい」とか、「いろんなサイズのフック,シンカーを使い分けたほうがいい」とか、「これを買わなければ釣れない!」とか、なんだかんだ言って購買欲を煽るようなことを言うのが常套手段である(どこぞの釣具屋さんではないが・・・)。それを敢えて言わず、商売度外視で、利用する側の立場に立った選択ができるというところに、自分は柏木さんの心意気を感じる。本当に、誰でも根掛かりのストレスなく、簡単にヒラメを釣れるよう考えてくれているというのが良く伝わってくるのよね。
 

環境のことも考慮

 
二つ目は、環境のことも考えているということ。
 
本リグ自体、根掛かりを回避できるシステムというのもあるけど、本リグでは出来るだけ太いリーダー,PEラインを推奨しているというのもその一つ。万が一ガッチリ根掛かりをしてしまったときや、フッキングした魚とのやり取りでラインブレイクしてしまったら、その時点でラインブレイクした先のリグはゴミ同然となってしまう。そのゴミは当然、フックもあるから、しばらくして波打ち際に打ち寄せられたら、海で遊んでいる子供に怪我を負わせることにもなるわけで。出来るだけ釣り場にゴミを残さないという考えから、極力ラインブレイクをしないようなラインシステム,結束方法を提案されているわけ。

オリジナルの結束方法

 
また、ちょっと横道に逸れるけど、リーダー結束方法についても、敢えて市販のノッターを使用するような難しい結束方法ではなく、ノッターを使わずに誰でも現場で簡単にできる柏木さんオリジナルの結束方法を推奨している。
 
この方法自体、100%強度ではないにしても、本リグを使用するには充分な強度であり、さらにリグ使用時に絡まりにくい結び目の形状に敢えてしているというこだわりぶり。これまでは電車結びでなんとかやっていて、いつかは高強度の結束方法を覚えなければと思っていたけど、自分はバカでズボラ(・・・もう何も良いところが無いな・・・ぴよこ2)なだけに覚えるのが大変だし、簡単に出来るという市販のノッターは貧乏アングラーにとっては値が張るしで、どうしようかな・・・と思っていたわけ。
 
柏木ノットを覚えてから、現場でも簡単に出来るし、なにより根掛かりしても結束部分で切れることはまず無くなったね。MJキャロを使用してもご近所根掛かりサーフでは根掛かるコトは多々あるけど、引っ張る方向を変えたり、ロッドを煽ったりすれば、たいていスルっと抜けるしね。

気さくなお人柄

 
あと、実際に自分が現場で柏木さんの存在に気づいてこちらから話しかけても、気さくに応えていただけるし、いろいろな情報もいただけるし、分からないことがあって質問メールをすると、丁寧にご回答いただけるしで、非常に嬉しい限りぴよこ3
 
いずれにしても、まぁ人それぞれ、いろんな好みやこだわりがあるから、自分に合った釣法,ルアー選択等、試行錯誤でしてみるのは楽しいよねぴよこ3
 
少なくともご近所根掛かりサーフでは、底物狙いは本リグで通していくつもり。遠浅で根掛かりがないようなところでやるときは他の攻め方もするだろうけど。
 
さぁ、週末もまた近づいてきたねぇ・・・また懲りずにご近所根掛かりサーフで一発大きいの狙おうかねぇ!ぴよこ3
 
あぁ、週末の釣りのことで頭がいっぱい・・・ぴよこ_酔っ払う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. esu3go より:

    こんにちは!
    柏木リグ探したら出てきました、予想通りゴムが駄目でしたよ。色々と工夫してヒラメに挑戦してみます。

  2. ゆたりな より:

    esu3goさん、こん○○は。
    いずれにせよ、ダウンショットはヒラメに有効な方法ですよ。
    私の釣り仲間のsmallfishさんも独自のダウンショットリグで釣り上げてますから。
    いろいろ考えるのが面白いですよね!