メタルマル オレ的ルアーシリーズ

オレ的ルアーシリーズ、今回はメタルマル。
 
201510081
 
過去記事もご参照あれ。
 2015.10.08  唯一無二のメタルマル!(^^;)
 
もうほとんどこの記事で語られちゃってはいるが・・・ぴよこ_酔っ払う
 
ご近所サーフで使用するのは、28グラムのみ。
 

スポンサーリンク

既存のスピンテールジグ 決定的な欠点

スピンテールジグは、最初の頃はあまり使ったことが無かったが、最初に導入したのは、沖提での釣り用に購入したコアマンのパワーブレード。
 
201406011
パワーブレードでサバは釣れたが・・・
 
とにかくこのパワーブレード、キャスト時の飛行姿勢が悪く、クルクル回ることが多い。
 
ラインアイがバイブレーションと同じような位置についているので、当然といえば当然だが。故に、エビる率も高い。まぁ、ラインメンディングをまめにすれば良いのだが。
 
更にこれ、塗装が激弱!同じコアマン製品であるアイアンプレートにも言えることなんだけどね。
 
あとまだいろいろと・・・不満はあるのだけれど、とにかくストレス無く使えるということはなかった。他のスピンテールジグも、パワーブレードと同じような構造のものばかりで、ハッキリ言って使う気にはなれなかった。
 

メタルマル 思った以上の秀逸さ

 
そんな中、昨年にソーダガツオのマイクロベイト偏食対策に注目したのが、ブリーデンのメタルマル28グラム。
 
シルエットも小さく、ブレードも小さいので、何気に難しいソーダガツオにイケるのではないかと踏んでいた。
 
正直、ブリーデン製品は高いだけとメタルマルを使う前までは思っていたが、これが使ってみるとなかなか!ビックリ
 
飛距離は出るわ~、エビらないわ~、とにかく通常のメタルジグ並みに使いやすい!
これこそジグ並みの飛距離なんだから、サーフで使わない手は無い!
 
実際に小さいものから大きいものまで釣れて、これほどサーフで使えるスピンテールジグは無いんじゃないかというくらい。塗装も結構強く、今のところほとんど剥げることは無い。結構作りも丁寧な印象。
 
まだ使用期間は短いが、これもシイラ,ヒラメ,ホウボウ,カマス,ワカシ,メッキ,エソと、いろんな魚を呼び寄せてくれた。どれもサイズは小さいが。
 
オレの場合、狙いを一本に絞らないので、こういったルアーがあると嬉しい。
 
201508031
 
201508051
 
201601266
 
ただ昨年は、本来目的のソーダガツオ狙いで使用したものの、バラシ1回のみで、あとは回遊タイミングを完全に逃してしまった・・・その時も周りは弓ヅノでは好釣果ではあったが。

メタルマルの使い方

メタルマルに関しては、どんなふうに引いても、ブレードの効果が絶大なので、何したって釣れる。

一般的な攻め方は、着底後、3回ほどシャクリ巻きしてからのテンションフォール。コレの繰り返し。キャスト→着水からのフリーフォール時に食ってくることも、このルアーに関してはよくある。

巻きの時もフォールの時も、常にブレードが回転してアピールしているから。けっこうどちらでも食ってくる。

あとこのメタルマル。タダ巻きでは、巻きスピードが早くなると、横姿勢になって泳ぐ。

このことを利用して、巻きスピードを変えても、フィッシュイーターの捕食スイッチを入れられるのではないかと考えている。いまだ検証段階まで至っていないが。
 

スポンサーリンク
 
 

まとめ

 
さぁ今年こそ、偏食気味のソーダガツオで結果を出したいぴよこ2
 
皆は小バカにするが、意外とルアーで釣るのが難しいソーダガツオ。
 
今年はメタルマルで攻略してみるぞ!ぴよこ3
 
 
 
 

スポンサーリンク

コメント

  1. booska より:

    メタルマル良いルアーですよね。
    私、19gが欲しかったのですが
    在庫がなく仕方なしで13gを買いました。
    しかし、13gって帯に短し襷に長しという感じで
    使う場面がなかなかありません。
    でも今年は、漁港からのサバゲーで
    使ってみようとおもいます。

  2. ゆたりな より:

    ブースカさん、こん〇〇は!
    サバゲ~にメタルマル、良いんじゃないでしょうか!バリバリ反応するでしょうね。
    正直、これほど良いルアーだとは思っていませんでした。
    それだけに、根がキツイところでは使用を躊躇しちゃうんですよね!