ソルティビーツ85:オレ的ルアーシリーズ

ようやくゆたゆたも幼稚園を卒業したが、いまだ大きな課題が・・・
 
 
それは、まだひらがな,カタカナがまともに読み書きできないこと。
 
 
早い子は年中でお手紙書いたり、本を読んだりできているというのに。
 
 
りなりな先生がなんとかやる気を出させようと懸命に教えているのに、鉛筆持ったら「鉛筆削り職人」,紙を持ったら「折り紙職人」になってしまう始末・・・ガーン
  
 
さぁ、この不肖ゆたりな、ゆたゆたの親として喝を入れるときが来たか・・・
 
 
お前はそれでくやしくないのかっ! (オレ)
 
・・・くやしくないっ! (ゆたゆた)
 
・・・ぴよこ
 
・・・ぴよこ
 
おーーーいっ!
 
そこは
 
 「くやしいですっ!」
 
だろ!

 
 
ゆたゆたの苦難は今後も続く・・・ひよこ
 
 
・・・
 
 
・・・
 
 
・・・
 
 
さて、そんなアホな寸劇は置いといて・・・ぴよこ_酔っ払う
 
 
これまではオレ的に実績の高いルアーシリーズの説明であったが、今回からは釣果実績はいまだ無いが、オレ的には期待しているルアーシリーズとして、今回はラッキークラフトのソルティビーツ85。
 
 
201509261
上がソルティビーツ85,下はエフリードジョインテッド(アングラーズリパブリック)。
 
 
いわゆるジョイントルアーの部類ではあるが、一般的なジョイントルアーの性能とはちがう部分の性能を求めている。
 
 
ソルトでジョイントルアーと言うと、ジョイクロに代表されるビッグベイト系を中心に、最近では写真にもあるエフリードジョインテッドやバチ系ルアーといった多連結系が見られる。
このソルティビーツは、ラインアイの位置がバイブレーションと同じ背中に付いており、ちょっと他のジョイント系とは一線を画す。
 
 
オレがソルティビーツで期待しているのは、一般的なジョイント系で求められるスローでクネクネとした動きではない。
 
 
このルアー、動きを見ると、バイブレーション的な動きだけでなく、不規則にフラフラと左右に寄る、千鳥足という感じのアクションをするのだ。
他のルアーには見られない、唯一無二の動きのため、ハマるときがあるのではと密かに睨んでいるぴよこ_酔っ払う
 
 
また、一般的なジョイント系ルアーは飛距離に難ありのモノが多いが、このソルティービーツ85に関しては、飛行姿勢もさほど乱れることなく、飛距離もそこそこ出る。とはいえ、「抜群の飛距離」とまではいかないので、波足が短い時に使用するのが面白いと思う。
 
 
一般のバイブレーションのようなエビったりのトラブルは比較的少ない。オレが使っているパワースライト85ほどではないが。
 
 
基本的には激混みの人気サーフは嫌いではあるが、このような激戦区でこそ敢えて使ってみたい。オレだけ爆釣があるか?オレだけスカるのか?ぴよこ_酔っ払う
 
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする