トライデント60Sで竿抜けポイントが有効なホタルイカパターン釣行 GW富山遠征2017

さ~てさてさて、やって来ました!富山遠征1日目!

5月3日、10時ごろに自宅である神奈川を出発したが、途中で事故渋滞に巻き込まれ、19時ごろに嫁の実家到着。

今回は滞在期間が短いので、ホタルイカパターンに固執せずに臨機応変に釣りをしようと、釣具屋で若干補充。

とはいえ、特に釣具屋では事前情報は入手せず、まずは自分の勘を頼りにポイントを選択してみることに。またいつもの如く、りなりなとゆたゆたを寝かせてから・・・さぁ一発目!お気に入りの場所である聖地へ。

スポンサーリンク

なんだこりゃ・・・人ばっかり!

21時半頃、聖地へ到着したが・・・なんだこりゃ?人ばっかりだな・・・(ノД`)・゜・。

最初に入ろうと思ったポイントは既に浮釣り師によって陣取られ、ホタルイカハンターが既にライトで海面を照らしてしまっている。その上、等間隔で釣り人も。この時期、今まではここまで人いなかったよな???なんか情報が入ったのか?

あまりに賑やかなので、ちょっと場所を変更しようかとも考えたが、まずは1日目なので、ランガンしながらこの場所で様子を見ることに。

まずはホタルイカパターンではド定番のズィークイッドにて攻めてみる。サイズは90と75のみ、基本はSSS中心でのスローな釣りをしてみる。たまにホットケによる止めの釣りも入れながら。

しかし・・・ウ~ン、アタリがない・・・(-“-) 確かにホタルイカは寄っていないようだが、それよりも、さすがにこれだけの人、警戒されているのかな?ホットケしたり、イレギュラーなアクションを入れたりと、手を尽くしてみたが、全くアタリが無い。さすがに厳しいか?

さすがに岸寄りは厳しいと考え、昨年の釣りで活躍したトライデント60Sを導入してみる。特長である爆発的な飛距離を期待し、竿抜けポイントを攻めるため。カラーは特にイカパターンだからとかは全く考えず、あるもので試してみる。

スポンサーリンク

カサゴのオンパレード

トライデント60Sで大遠投、他のシンペンに比べてフォールが早い為、着底後、すぐに早めの等速巻きでテンポよく攻める。

すると23時半ごろ、着底後すぐのリトリーブ中に明確なアタリが!富山遠征第一発目は・・・あれか?


やはりカサゴ。20センチ程度。

その後すぐに、ズィークイッド75SSSに切り替え、ゆーっくりリトリーブしていると・・・


やっぱりカサゴ。

やはりホタルイカを意識しているのかと思い、ズィークイッドを投げ続けるも、アタリすら得られない状況になる。再度、トライデント60Sへ戻し、ホタルイカハンターや釣り人達の間や、釣り人が移動した場所をハイエナしながらランガンすると・・・ひったくるようなアタリ!これは突っ込む引き!


やはり、20センチほどの腹ポンポンのメバル!

この調子でランガンを続けると・・・


これはメバルと勘違いする引きだった。25センチほどのカサゴ。


これは20センチ程度、カサゴ。

こんな感じでポツポツは拾える。アタリは多いのだが、ショートバイトばかりで、フッキングまで至らないケースが多い。警戒されているのか?ルアーがマッチしていないのか?

定期的にズィークイッドへ戻したりもするが、これにはアタリ無し。ウ~ン・・・なんかイマイチ。活性が高いとは言えないし。どうなんだろ?

スポンサーリンク

竿抜けポイントが正解か?しかし・・・

そんなことを考えていた夜中3時ごろ、隣にいたアングラーのドラグ音が響く!しかも連発!これは良型のクロダイか?暗くてよく見えなかったが、こちらも俄然やる気が漲り、ズィークイッドで攻めてみる、こちらはぜんぜんアタリ無し。

お隣さんはまたドラグを鳴らしてやり取りしている。なんだ?またクロダイ?羨ましすぎる!(・´з`・)

あまりにズィークイッドでアタらないので、再度トライデント60Sにて復路をランガンすると、沖目でHit! 鋭い引きをするので、メバルか???


20センチほどのメバル。このサイズがアベレージなのか?

今回、ここまでで共通している点は・・・

・ズィークイッドでのアタリが極端に少ない
・トライデント60Sのキャスト後の巻き始め10回転以内でのアタリがほとんど
・比較的早い巻きでの反応が多い

やはり竿抜けポイントを攻めていることが大きいのか?岸際は警戒されているのか?ホタルイカパターンではなく、小魚パターンなのか?

明るくなってから、先ほどのお隣さんが話しかけてきたので、釣果を聞いてみたところ、30センチほどのシーバス1本と、あとはウグイのオンパレードだったとのこと。ヒットルアーはシンペンのようだ。

ということは、ショートバイトはウグイか???やはりホタルイカパターンではないのか???ホタルイカハンターに聞いてみるとホタルイカは取れていないとのこと。いずれにしても、竿抜けポイントを攻めたというのは正解のようだ。

それならば、更に沖を攻めたらどうなのか?

その仮説を検証するため、バイスライダー10gで更なる沖目を攻めてみる。

飛距離は当然、トライデント60Sよりは上。着底後すぐにリトリーブするが、ジグ故に沈みが早いので、早めのリトリーブスピードで攻めると・・・


20センチ未満のカサゴ。

「やはりこれが答えか!」と思ったが、その後は全くアタリ無し。5時半撤収。

<使用タックル>
ロッド : クロステージ CRK-802ML (メジャークラフト)
リール : ’10セフィアBB C3000S (シマノ)
メインライン : ハードコアX4 0.6号(デュエル)
リーダー : シーガーフロロショックリーダー 10lb (クレハ)

結局のところ、竿抜けポイントを攻めたことは正解だと思うが、ジグだとレンジが下になってしまうのか?リトリーブスピードが速すぎるのか?バイスライダーでの釣果がこのカサゴ1匹のみなので何とも言えない。いずれにせよ、もう少し検証が必要のようだ。

まだまだ1日目。ゼーンゼン元気なので、翌日も同じ場所で夜通し検証してみることに。

果たして、結果は如何に?

(つづく)