アピアのワーム プロントがナイスアイディア!

不肖ゆたりな、釣りには相変わらず行けてません・・・
 
 
今年度は、自治会関係でいろいろとやらねばならず、ヘタするとGWの富山遠征もボツになる可能性が急浮上してきたため、なーんか目標を失いつつあるというか、なんというか・・・ウキウキ感が失せつつあります(‘Д’)
 
 

スポンサーリンク

 
そんな失望感を抱きつつ、何を買うわけでもなく、ど~んよりと釣具屋へ入ったら・・・売れ筋が置いてある場所にライトゲーム用ピンテールワームがふと目についた。
 
 
「なんだよ、まーたこんなピンテールワーム、どこのメーカーも同じモンばっか出しやがって。つまんねーな・・・」と思っていたら、実は、久しぶりに「なかなかのアイディア!」と感じたものだった。
 
 
それが、アピアの「プロント」↓
  

 
 

ワームを「まっすぐ」セットできる工夫

 
 
別にピンテールワームというだけならばゼーンゼン興味が無かったのだが、このプロントの「まっすぐ」セットできるという、ちょっとした工夫が素晴らしい。
 
 

 
説明画像をみると良く分かると思うが、フックの軸をワームの中に通すのではなく、2点のみ通すというもの。
 
 
しかも、ワーム本体には縦にスリットが入っているため、フックの軸がスリットにハマり、水中でワームの姿勢がひん曲がったりすることなく、まっすぐな状態をキープしやすいというわけ。
 
 
オレがワームの釣りがあまり好きではない理由の一つが、ワームをなかなかまっすぐ刺せないということ。特に寒い中、ただでさえ手がかじかんでいるときに、何度もワームを刺し直し、ようやくきれいに刺せたと思って泳がせてみると、ひん曲がって泳いで、また刺し直して・・・イライラする!も~イライラする!
 
 
テキサスリグのオフセットフックなんかも同じだが、ワームのボディに沿って横に刺さずに、縦に刺す・・・確かにこれならば、フックがワームに通る面積が小さいため、誰でも刺しやすいよね!ちょっとしたことだが、ナイスアイディア!
 
 
しかし、このワームを指すアイディア、実は他にも既にあるのだよ。それは・・・
 
 

プロントと同じ原理のアイディア MJリグ

 
 
そう、オレがサーフで唯一使用しているワームリグの、MJリグ。
 
 


 
 
最近では飛距離が最も謳われているが、更にこれはプロントと同じ原理で、ワームボディの縦側に、ジョイント部で2点、シングルフック部で1点刺すことで、ワームを容易にまっすぐセッティングできるという利点もあるわけだ。
 

 
 
MJリグの場合、ジョイントとシングルフックの組み合わせなので、通常のジグヘッドリグ以上にワームを柔軟に泳がせることができるというメリットも備えている。さすがにこの機能をライトゲーム用のワームリグへ採用するのは難しいと思うが。
 
 

スポンサーリンク

 
 

まとめ

 
 
以上、アピアのプロントをご紹介から入って、MJリグの方へ流れちゃったが・・・要は何が言いたいかというと、こうしたちょっとしたアイディアの製品をメーカー各社もっと重要視して欲しいということ。まぁ、アイディアがスッカラカンというのであれば仕方ないのだが・・・
 
 
もう最近は釣り業界も頭打ちになっているのか、ほとんどが他社製品のサル真似ばかりが目に付く。しまいには、有名アングラー推奨を前面に押し出したような販売戦略ばかりで、ちょっとうんざり感を感じている。オレだけか?
 
 
今後はもっとウキウキ感を感じられるような製品が出ることを、この不肖ゆたりな、切に願うばかりである。
 
 
まぁ、そんなことよりも、今は釣りに行きたいがね!(・´з`・)
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする