アナタは絶対に大丈夫?振り込め詐欺を防ぐ対策を考える

最近、うちの周辺地域では「振り込め詐欺」の被害が頻発している。いやぁ、ホントに多いのだよ!
 
 
あまりに多いため、市内の放送でも防止を呼び掛けているし、近所のおまわりさんが一軒一軒声掛けしているほどだ。
 
 
 
 
 
オレの実家も御多分にに漏れず、過去に何度も振り込め詐欺と思しき電話が掛かっていた。幸いにも、うちのオフクロはいまだ被害に遭わずに済んでいる。近所でも頻繁にかかってきているようで、今年に入ってから、オレが住んでいる市では既に数億円の被害に遭っているのだそうだ。ある意味、「そんなのに騙されるほど金持っているのか!」と思ってしまうが・・・まぁ、それで簡単に振り込んでくれちゃったりするから、詐欺も急増しているのだろう。
 
 
詐欺の内容も、初期の頃は、ほんとに「オレだよ、オレ!」と言っていたものが、近年は、「〇〇だけど」と、家族の名前を使ってきて、内容も高度化してきている。もう完全に相手側は、家族構成等、何らかの形で個人情報を入手してくるんだろうな。
 
 
ウチの場合まだ近くに親が住んでいるので、頻繁にコミュニケーションを取れているからいいが、遠方に親が住んでいるという人の場合、
ホント心配だろうね。
 
 
そこで今回、過去の経験を踏まえて、振り込め詐欺の被害者とならないための提案をしたいと思う。大雑把ではあるが、これだけでもかなり被害を回避できるはずだ。
 
 

スポンサーリンク
  

 
 

頻繁に親とコミュニケーションをとる

 
 
まぁ、一般的に言われている対策にはなると思うが、電話でも良いので、できるだけ頻繁に親と連絡を取り合うのは、確かに有効かと。
 
 
ただ、ウチの場合は幸か不幸か、オフクロとオレの仲が悪いため、普段から「バカヤロー」や「コノヤロー」等のやり取りが多い。しかし、実はこれが、オレオレ詐欺の判別に効果的であったのかも?と思っている。
 
 
というのも、たいていのオレオレ詐欺は、やさしい息子を装って話しかけてくる場合が多いから。ウチのオフクロに掛かってきた電話もたいていそんな感じだったようで、オフクロ曰く、「なんで〇〇がそんなに優しいの?オカシイ!」と判断できたようだ。
 
 
いずれにせよ、振り込め詐欺ネタがきっかけでもいいので、まずは親とコミュニケーションを取ってみてはどうだろう?
 
 

むやみに個人情報を流さない

 
 
けっこうオレの親の世代になると、個人情報の扱いに疎い人が多いように思う。
 
 
先日の楽天カードの無料保険ではないが、なんとか顧客から個人情報を引き出そうと、企業側も躍起になっている。ただ、企業から漏洩する可能性も否定できないし、意図的に流している可能性だってある。ホントに必要と感じない限り、個人情報を求めてくるサービスはには手を出させないことが重要。
 
 
もし個人情報の提出を求められても、いったん時間を空けて、冷静に判断するなり、身内に相談してから判断してもらう方が良いだろう。
 
 

非通知拒否設定の出来る電話機を設置する

 
 
最近の非通知拒否設定ができる電話機に切り替えるだけでも、振り込め詐欺は大幅に減る。ウチの実家も、最近になってようやく非通知拒否設定対応の電話に替えたのだが、この手の詐欺電話はほぼ無くなった。
 
 
実際、実家なんかだと、まだナンバーディスプレイ対応していない昔の電話機を使用している場合が多かったりする。結構、これだけで防げるケースというのは多いはず。該当する場合は、ぜひ切り替えていただきたい。
 
 

戸締りをこまめにする

 
 
各家庭にも依るが、2,3分の外出だからといって、鍵を掛けないで出かけてしまうところも多い。特に田舎だと、昔からの習慣で外出するにも鍵をかけなかったり、掛けた後に鍵を郵便受けに入れておいたりしている家も、いまだに多いと思う。
  
 
そのようなスキを奴らは突いてくる。金品は盗まれてはいないが、何らかの情報が盗まれている可能性がある。
  
 
その「何らか」は、例えば、家の間取りかもしれない。後から電話して、間取りを当然理解している電話口の家族を装うことだってできるはずだ。「何らか」に関しては、いろんな可能性を疑うべき。
  
 
詐欺師は、どんな小さなことでも手がかりに、人を騙そうとするのだから、こちら側も細かいところまで用心すべきだ。
 
 

スポンサーリンク

 
  

まとめ

 
 
以上、ウチの過去の経験を踏まえた対策を述べてみた。
 
 
とはいえ、敵もさるもの、この手の詐欺は高度化しており、予想以上の巧妙な手口が出てきているのも現実。
 
 
あくまで個人的に考えうる予防策であるため、これが的を得ているのか、まだまだ足りないのかは、何とも言い難い。
 
 
いずれにせよ、この記事が各家庭で考えていただけるきっかけになればと思う。

 

スポンサーリンク