ライトユーザーにこそオススメのMac Book Air。その理由は?

最近、家族で使用するためのMac Book Airと、自分の仕事で使用するためのWindowsノートPCを同時に買い替えた。
 
 

 
 
ホント、最近のパソコンはそこそこのスペックなら10万円以下で買えるなんて、かなり安くなったもんだ。オレが学生の頃は、最低でも20万円台、ノートPCなら30万円以上が当たり前であったからね。
 
 
仕事でwinしか対応しないソフトを使用しているため、WinPCも購入したわけだが、いずれも使ってみたら、あらビックリ!、ハッキリ言って、Mac Book Airの方がズバ抜けて良い!これで10万円程度というんだから。昔のフリーズばっかりのMacを知ってる人間としては、浦島太郎の感覚だね!
 
 
それにしても、PCを家庭で使うといっても、大抵の人はメールやインターネットでの閲覧のみ、あとはちょっと表計算やワープロ機能を使う程度だと思う。オレも当然、その程度のパソコンユーザー。そんなレベルのオレがWinPCと使い比べてみた感想としては・・・ハッキリ言ってWinPCはいらないな。Mac Book Air一台あれば充分といった感じ。

これまでのMacユーザーは、マニアックだったりオシャレな人が多い印象だったが、Mac Book Airならば、パソコンを多少かじったような人に対しても十分オススメだと思う。というより、今のオレだったら、完全にMac Book Airの方をオススメしたい。
 
 
そこで今回は、詳細なスペック云々の話は別の専門サイトに譲るとして、大方のインターネットを中心に使う程度のユーザー(以下、「ライトユーザー」と称す)向けに、同じレベルのオレが実感したMac Book Airをお勧めする理由を、ザックリと述べてみたいと思う。
 
 

スポンサーリンク
  
 
 

Mac Book Airが優れている理由

 
 
まずは、ライトユーザーにとって、Mac Book Airが優れていると感じる理由。
 
 
Mac Bookシリーズには3種類あるが、その中間にあたるのがこのMac Book Air。スペックもそこそこ、価格も10万円程度、モニタも13インチで一番使いやすい。
 
 
そんな中間機種のMac Book Airだが、WinPCと比べても、以下の4つが特に優れていると感じる。
 
 

薄くて軽い

 

写真の通り、他のPCと比べても、とにかく薄くて軽い。もうこれは断トツ。
 
 

立ち上がりが非常に速い

 
過去に使ったことのあるPCと比べても、格段に立ち上がりが早い。まだ買ったばかりということを差し引いても、電源を入れてから10秒程度で完全に立ち上がるというのは驚き。
 
 

圧倒的にトラブルが少ない

 
一昔前のMacはフリーズ等のトラブルが頻繁にあったが、これはほぼトラブルレス。一方の同時購入したwinPCの方がトラブルが多くて困っているほど。Windows10までくると、OS自体にグラフィック機能を満載しているためか、機種によっては立ち上がりが非常に遅く、トラブルも確実に多い。

これならば、macbookairの方がストレスなく使えて有利。
 
 

バッテリーの持ちが格段に良い

 
Mac Book Airを使い始めて、実は最も驚いたのは、バッテリーの持ちの良さ。使用する頻度にも依るが、1日のうちで充電が必要な時はほぼ無し。1日1回フル充電すればほぼ事足りる。
 
これだけ薄いのに、バッテリーの持ちがこんなに良いというのは素晴らしい。これだけバッテリーが持つと、外出する際にも良いし、家の中で場所を変えて作業をするというのにも、機動性が良い。
 
 

スポンサーリンク

 
 

Mac Book Airで充分な理由

 
 
次に、ライトユーザーにとって、高スペックのmacbookproやwinPCでなくても、macbookairで「充分」と感じる理由が以下の3つ。
 
 

Microsoft Officeなんていらない googleクラウドサービスを使えば、全てが事足りる

 
最近は、Googleのクラウドサービスが充実しているので、Microsoft Officeなんて追加購入する必要がないくらい。Googleだったら、ワープロならGoogle Document、表計算ならGoogle Spreadsheetだけでほぼ事足りる。写真もクラウド上に充分保存できるので、ほとんどPC無いのハードディスクに入れる必要がない。
 
したがって、細かい機能を求めなければ、Googleのクラウドサービスを使えば充分なのだ。
 
 

Mac Bookシリーズで唯一、従来のUSB(USB3), SDカードポート搭載

 
意外と重要な点。Mac Bookシリーズの中で唯一、既存のUSBポート(USB3)があるのがmacbookair。更に、SDカードのポートも備わっている。他のmacbook, macbookproだと、最新のUSB-Cという規格を採用しているので、これまでのUSB,SDカードを使用するのであれば、専用アダプターが必要。
 

 
これまでwinPCで使用していたメモリースティック(USB)やメモリーカード(SDカード)も、Mac Book Airならそれでも十分対応できる。
 
 

DVD,CDドライブが無いけど・・・そんなに使わないでしょ?

 
Mac BookシリーズはDVD, CDドライブが無いが、普段そんなに使うことって、実は無いよね?ソフトなんて、たいていはオンライン上でダウンロードするものばかりだし、動画だってyoutubeで見るでしょ?そんなにたくさんの機能を積んだって、ほとんどの人は使い切れないんだって。DVD, CDドライブなんて、そんなにいらないでしょ!
 
どうしても必要というのであれば、安いドライブを買えば充分だしね。
 
 

スポンサーリンク

 
 

まとめ

 
 
以上、ライトユーザーへMac Book Airをオススメする理由を、オレの使用感をもとに述べてみた。
 
 
ライトユーザーなんかは細かいスペック云々を比較したところで、あまりピンと来ないんじゃないかと思う。それよりも、実際の使用感を述べた方が分かりやすいと思うので、このような形で述べてみた。それから更に興味があれば、更なるスペック詳細を述べているサイトなんていっぱいあるので、そこで調べていただければ良いと思う。
 
 
ちなみに、今回オレが購入したMac Book Airは、余計なメモリを追加していない。それでいて、この快適な使用感。
 
 
あくまでも、この不肖ゆたりなが実感した使用感を述べたまでなので、本記事は参考程度、購入判断は自己責任でお願いしますよ!