マイクロフリップのフィルムって・・・ズバリ、これだべ!

ギアラボのマイクロフリップ。
 
 

 
 
【過去の記事】

・2016.07.12 マイクロフリップ(35g)の実力は如何に?
・2016.08.10 マイクロフリップ35g 結局はどうよ?
・2016.09.18 マイクロフリップ35g ショア攻めでの評価
 
 

スポンサーリンク


 
 
マイクロフリップのインプレは、以前述べた通り。マイクロフリップはタングステン製なので、多少の早巻きをしたところで、ハッキリ言ってアクションはほとんどしない。まぁ、正直言って、ジグというよりも、単に「タングステンのおもり」と思った方がよさそうだ。
 
 
誤解の無いように言っておくが、だからといって釣れない訳ではない。泳がなくたって、釣れるものは釣れる。ホタルイカルアーでお馴染みのズィークイッドのように、「泳がない」アクションというのもあるわけだ・・・分かるかな?
 
 
とはいえ、このマイクロフリップについては、とりあえず「遠くへ飛ばして 早く深く沈める」ためのツールとして考えた方が良さそうだ。
 
 

スポンサーリンク

 
 

ポラジックフィルム

 
 
それよりも、食わせるためのポイントは、ここにあると思っている↓
 
 

付属のアシストフックにある、ポラジックフィルム。
 
 

マイクロフリップ用のアシストフックのセット(2本入り)。これで700円近くするとな!高い!
 
 
このアシストフックに付いている「ポラジックフィルム」とやら。ギアラボHP内では、「ポラジックフィルム」と言ってたり、「マジョーラフィルム」と言ってたり・・・どっちやねん?( ゚Д゚)=3
 
 
いずれにせよ、確かに光にもよく反射して、アピール力はかなりのものだと思う。このフィルムがマイクロフリップのバイトマーカーになっていることは間違いないだろう。
 
 
でもこのポラジックフィルム・・・メーカーが言っているような特殊なフィルムなのか?このフィルム、どこだか身近で見たことがある気がしたのだが・・・あった!
 
 

ハイこれっ!1メートルで50円なり。幅5mmしかなく、もう少し幅広のが欲しかったが・・・でも、フィルムの張りは充分。お店でもう残りが少なかったので、ドラムごと数十センチおまけしてもらった(^^)
 
 
この手のフィルム、お弁当に使う紙皿でも注文できたが、小ロット受注は無理だったので、まずはこれでやってみっか!これだけあれば、結構な数は作れるし。もっと大きな包装用フィルムもあるはずだから、もし興味がある方は探してみてね!
 
 
更には、ケイムラ玉は・・・

 

これで良いべ!15個入りで216円なり。こんなもんは、どの釣具屋にも売ってるし。
 
 
これだけあれば、あのマイクロフリップと同じアシストフックが作れるべ!
 

さぁ、準備は整った。これで今年のショアジギングは爆釣間違いなし! 
 
 
ちなみに、未だ釣りには行けていない・・・どうなるのか、オレ!
 
 

スポンサーリンク