レインウェアの撥水を復活させる方法 撥水原理とお手入れ方法

6月は梅雨のシーズン。外に出かけることすらも億劫になってしまうシーズン。
 
 

 
 
とは言ったところで、外に出なければ何もできない。雨に触れざるを得ない。だけども、せめてずぶ濡れになるのだけは避けたい。
 
 
避けたいんだけど~、既に持っているレインウェアはかなりくたびれていて、撥水せずに雨水がベタ~っとした状態のまま。新しいレインウェアを買おうにも、ゴアテックスのようにちょっと良いものは高価だし・・・
 
 
そんなアナタ!あきらめる前に、そのくたびれたレインウェアを簡単な処理で撥水効果を復活させてみましょうよ!
 
 
まずは撥水の原理を理解した上で、それに応じた処理方法を述べてみたいと思う。
 

では、それでも撥水効果が復活しなかったら?
 

新しいレインウェアを買い替える前に、是非とも試してほしい撥水処理があるので、それもご紹介します。
 

スポンサーリンク
  
 
 

一般的なレインウェアの撥水原理

 
 
まずは、一般的なレインウェアに使われる素材の撥水原理を知ることから。
 
 
レインウェアの撥水機能というのは、生地表面のケミカルコーティングによるものではなく、生地自体に備わっている性能。したがって、本来であれば何度も繰り返し使用しても、その機能が極度に落ちることはない。しかし、汚れの付着生地表面の擦れが原因で、撥水機能は低下するのだよ。
 
 
まずは汚れ。
 
 
汚れが記事表面に付着することで、内部の湿度を外部放出できないために、生地自体に結露を起こし、その結露がそのまま生地内に留まることで、水滴を弾かずにベタ~っと濡れてしまうわけ。
 
 
次に生地表面の擦れ。
 
 
撥水素材というのは、生地表面に細かい突起が整列しており、この突起が撥水機能を持つ。この突起を「撥水基」と言う。
 
 

葉の表面も、同じような原理で水を弾く。
 
 
よって、生地表面が何度も擦れることで、撥水基が寝てしまう(整列が乱れる)ために本来の撥水能力を発揮できなくなるわけだ。
 
 
以上より、この2つの要因が改善できれば、撥水機能は復活するというわけ。
 
 
その改善手段とは・・・
 
 

スポンサーリンク

充分な洗浄とアイロンでOK!

 
 
結論から先に述べると、要は、記事表面の汚れを除き撥水機能を持つ突起を元の状態に戻して(起こして)あげればいいわけ。
 
 
汚れに対しては・・・充分な洗浄が大事。洗浄により、汚れをしっかり落とすことが大事。こまめに洗浄することで、レインウェアを永く使うことができるわけ。
 
 
撥水基は、熱を加えることで、元の整列に戻る(起き上がる)という性質を持っている。よって、洗浄→乾燥後、生地表面に当て布をした上からアイロンをかければOK!アイロン掛けがNGなものには、ドライヤーで熱風を当てるだけでも、充分に撥水基を起こすことができる。生地が傷むほどの高温処理は必要ない。
 
 
以上より、充分な洗浄とアイロン掛け。この2つことをするだけで、レインウェアの機能を永く維持できる。こんなんだけで、予想以上に水玉がコロッコロに弾くよ。
 
 

それでもダメなら?ニクワックス!

 
 
洗浄とアイロン掛け・・・それでも撥水機能が回復しない場合、もう完全に生地自体が傷んでいると思われる。
 
 
そんじゃぁ、このタイミングに、新しいのに買い替える?
 
 
いやいや、買い替える前にもう一つ、試す価値のあるものがあります。それがニクワックス。アウトドアに特化した撥水剤を開発している、イギリスのメーカーが製造している製品。
 
 

 
 
ニクワックスは、洗浄剤「テックウォッシュ」と撥水剤「ダイレクトウォッシュイン」の組み合わせ。テックウォッシュで生地表面の汚れを強力に落とし、ダイレクトウォッシュインで撥水機能を付加する。
 
 
この不肖ゆたりなもレインウェアで試したが、これがかなり強力!手洗いでやったのだが、手の表面も撥水コーティングされて、水をコロッコロにはじいてしまうほど。しかも一回これで洗浄すると、3~4回洗浄しても、撥水昨日は落ちない。
 
 
参考までに、ニクワックスを洗濯機で処理したこともあるが、洗濯槽までバッチリと撥水コーティングされてしまった・・・洗濯機ではやらない方が良いかな。
 
 
2本組で大体3,000円程度とちょっと高価ではあるが、新しいレインウェアを買い替えるよりは遥かに安いので、是非とも試す価値はあると思う。
 
 

まとめ

 
 
今回は、梅雨のシーズンに向けて、レインウェアの撥水機能を復活させる方法について述べてみた。
 
 
雨の中では、レインウェアがしっかりと雨水を弾いてくれるかどうかで、釣りへの集中度もかなり違ってくる。
 
 
ゴアテックス製品となると、かなり高価なものになるので、買い替えるとなるとそれなりの出費となるわけだ。
 
 
それならば、まずは上記の方法を試してみてはいかがかな?知らなかった人は、是非ともやってみて!
 
 
 

スポンサーリンク