無料保険って怪しい?補償範囲と期間,狙いは?

楽天カードに入会後、楽天カードから、「楽天カード フリーケア・プログラム」という名目の無料保険進呈のメールが届いた。
 
 
なんと!保険が無料とな? ( ゚Д゚)
 
 

 

この無料保険、「楽天カード株式会社が保険料を負担しているから無料」とのこと。
 
 
以前に、保険商品ではないのだが、「無料だからいっか!」と軽い気持ちでとある無料サービスを利用したところ、サービス終了後にいつの間にか自動課金されていた経験があるだけに、この不肖ゆたりな、釣りに行けない今だからこそ、いつになく真面目に、その内容を確認してみた。
 
 

スポンサーリンク


 
 
このフリーケア・プログラム、手紙に入っていた「重要事項説明書」をよく見ると、楽天カード株式会社を団体契約者(保険契約者)として、チューリッヒ保険会社が引き受ける傷害保険のようだ。
 
 
したがって、楽天カードに加入していることが、この無料保険に入会できる条件となるわけだが、結局のところ、チューリッヒが提供する「交通事故傷害保険」なわけ。
 
 
これに有料の「追加保障プラン」を足せば、更なる補償は受けられるようだが、今回は「無料保証」のみ焦点を絞り、その内容について述べたいと思う。

無料保険の補償範囲は?

 
 
この無料保険、基本的には以下の3つの事故が対象となる。
 

・交通事故
 
・駅の改札口の内側(駅構内)での事故
 
・乗物の火災による事故

 
 
更に、上記の事故が原因のケガで、5日以上入院した場合、入院保険金額として一律30,000円を支払うとのこと。5日以上入院しなければ、保険は下りないというわけだ。
 
 
はっきり言って、5日以上の入院となるケガならば、普通3万円どころじゃすまないだろ・・・まぁ、3万円でも貰えればいいという意見もあるだろうがね。
 
 

無料保険の補償期間は?

 
 
無料保険の補償期間は、ズバリ3年間のみ。3年間はタダだが、当然、その後の継続は有料なのだろう。
 
 
先述のように、「無料」と謳われるサービスでは、無料期間を過ぎると、通知もなく自動的に課金されてしまうものがある。「この無料保険もその類か?」と思ったが、どうやらそれは無いみたい。
 
 
まぁ、無料期間が切れる前に、「有料にして保険を継続しますか?」みたいな通知は来るだろうがね。
 
 

スポンサーリンク

 
 

無料だから、おトクなの?

 
 
上記条件には限定されるが、保険料は無料なわけだから、入って損はない?入ったほうがお得?
 
 
結局のところ、この無料プランの狙いは、以下の2つにあると考える:
 
 
・追加プラン(有料)へ導いて、利益を得る
 
・顧客情報を得る

 
 
確かに、保険料が無料の理由として、「楽天カード株式会社が保険料を負担します」と、景気の良いことが書かれてはいるが、実際のところ、どうなんでしょ?
 
 
楽天カード株式会社側は、保険の契約成立に対して、チューリッヒ側から成功報酬が得られる契約となっていることが考えられる。更には、楽天カードからの支払いとなれば、加盟店手数料が継続的に入るというメリットもあるのだろう。
 
 
当然、保険商品なので、顧客が追加保障プランに入ってくれれば、チューリッヒ側は継続的に利益を得られる可能性があるわけだし、仮に無料保険のみだったとしても、いったん契約してくれた顧客へは、その後も自社商品の勧誘ができるのだから、その後の契約に結び付く可能性も高くなる。それほど、どこの企業も、顧客情報というのは喉から手が出るほど欲しいものなのである。
 
 
結局は、楽天カード側とチューリッヒ側とでwin-winの関係なわけだ。まぁ、当然のことではあるが。
 
 
ご存知の通り、近年は企業側の顧客の個人情報流出の問題が相次いでいる。
 
 
よって、オレの考えとしては、無料の商品につられて、企業側へ大事な個人情報を無駄に提供して、個人情報流出リスクが増大するのなら、たとえ「無料」ではあっても、よほど有用なサービスでない限り、無駄に手を出さないほうが無難かなぁとは思う。
 
 
どうせほとんどの日本人は保険に入っているわけだから、それで充分でしょ!さらにこの無料の保険を足すまでの意味は無いと思う。
 
 

まとめ

 
 
以上、オレ個人の意見を交えて楽天カードの「フリーケア・プログラム」の内容を述べてみたが、まぁ別に入っても損することはないので、個人情報云々を考えなければ、別に入っても問題はないと思う。追加プランも、必要と感じれば入ればいいし、そこは保険内容をしっかり理解したうえで判断いただければ問題ないと思う。
 
 
今回は、楽天カードの無料保険について述べてみたが、最近になって、各カード会社からも同じようなものが連日届いている。共通しているのは、全てチューリッヒ保険であること。このビジネスモデルで、効果はあるのかね?少々疑問ではあるが。
 
 
「只より高い物はない」ではないが、タダにはそれなりの理由があるわけだ。
 
 
よって、オレなりの結論としては、ズバリ「入る価値なし!」。
 
 
今回の内容は、皆さんがご検討いただく際の参考にでもなればと。もし契約するのであれば、契約内容をしっかりとご確認いただき、自己責任でご判断願いますよ!
 
 
 

スポンサーリンク