沼津でライトハタゲー マイクロワインドで

さてさて、ドン深サーフから切り上げ、チロルさんとお別れしてからは、smallfishさんと一緒に、以前からチニングに挑戦している場所へ。
 
ドン深サーフでお隣グルーピーが釣れ続けていたので、最後まで粘ろうと思ったが、ここも一つ、フェイントかけてぴよこ_酔っ払うもう既に朝マズメは過ぎちゃったな~という時間帯だったけど、DMMT(ダメモト)で。

スポンサーリンク

 
前回、シーバス用の大きいポッキー(ima)に追ってきていたので、もうそろそろ結果が出てもいいかなーという軽い感じでの、1時間以内の短時間挑戦。
 
ここはかなり浅いので、底の状況がよく見える。タックルは、メバリング用のライトタックル。ロッドはペズ86UL+(テイルウォーク),リールはフリームス2004(ダイワ)。メインラインはPE0.4号,リーダーはナイロン20LB。
 
さ~て、やってみるかね~と思った矢先、肝心のポッパーを忘れた・・・ぴよこ2smallfishさんにポッパーを借りて、smallfishさん自身はクランクベイトにて、いざランガン!
 
すると一投目から、ポッパーにクロダイが追ってくるのが見えたが、ピックアップ直前で反転・・・。smallfishさんもクランクベイトでワンバイトあった模様。その後は、小さいクロダイが見えるも、反応無し・・・
 
すぐさま諦め、今度は、以前から準備をしていたマイクロワインドに挑戦。
ワインドにもクロダイは反応するみたいだから、これもまたDMMTで。
 
201308034
こんな感じ。
 

マイクロワインド用ジグヘッドは、スターヘッドタッチダウン2.5g。ワインドの老舗、オンスタックルデザイン推奨のジグヘッド。ジグヘッドにある窪みによって、水流が変わり、タダ巻きでもS字アクションになる。
 
 

ワームはスパーク,レッドヘッドを使用。別の容器に入れて保存するとワームにクセがついてしまい、購入時の容器に保存しておく必要があるため、オンスタックルデザインの「マナティ38」の方がいいかなぁと思っていた。しかし、使用後に気づいたが、スパークにはワームズレ防止のためのフックに装着するゴムが付属しているので、結構便利!このちょっとした気遣いが嬉しい!今後のマイクロワインドは、これを使うことにします。
 
余談だが、手が汚れているのは、写真をとる前に段差を華麗にジャンプで超えようとしたら、つまづいてダイビングヘッドしてしまったためであるのは、密かなる事実だ・・・ぴよこ_酔っ払う
 
マイクロワインドに換えての一投目、沖目でいきなりアタリ!ビックリしかし残念、乗らず・・・ぴよこ2もしかしてクロダイか???
 
その後もシャクってワインドアクションを起こすも、通常のワインドに比べて、なかなかやりづらい・・・しかも、アクションでけっこうワームがズレやすい・・・こりゃぁ、ちょっと慣れが必要かなぴよこ
 
とはいえ、タダ巻きでもなだらかなS字アクションはするし、ボトムチョンチョンでもなかなか動きとしては良い。
 
・・・そんな事を試していると、ボトムチョンチョンで、小さいメゴチ?マゴチ?らしいのが追ってくるのが見える。
 
こりゃぁいけるかも・・・とおもい、比較的根が点在する場所でボトムチョンチョンを繰り返していると、いきなりHitびっくり
 
おっ・・・これはけっこういい引き!もしかしてチビチヌか???ビックリ
 
抜き上げたものは・・・
 
201308035
20cm程のオオモンハタクラッカーこれはこれで嬉しい!
 
引き続きボトムチョンチョンをやっていると、これまたHitびっくり
 
これはさっきのより引きが強いぞ!
 
ライトタックルだから、た~のし~っヽ(゚∀゚)ノ
 
抜き上げると、今度も・・・
 
201308036
これまた20cm超のオオモンハタクラッカークラッカー
 
えっ・・・そんなにオオモンハタの魚影が濃いの???ていうか、オオモンハタを狙って釣れるんじゃない?しかもマズメハズレに。もしかしたら、富山での夏のキジハタと同じように、こちらでもオオモンハタを狙って釣れるかも!!!
 
こりゃぁまたまた調査の項目が増えてしまいましたなぁ! ( ゚Д゚)イソガシイデスナァ!
 
へたすれば、もう少し良型も狙えるかも!
 
smallfishさんもテキサスリグみたいなリグ(何ていったっけな???)に換え、バグアンツで攻めたら、同じようにオオモンハタがヒットした。30分もしないうちでのこの釣果、ドン深サーフでのサバよりもある意味、こちらの方が収穫のあったフェイントでした。
 
もしかしたら既に狙ってやっている人がいるのかもしれないが、今後、調査が必要ですな!
 
 
 
(余談)
 
これ、もしかして成立するとしたら、なんて言ったらいいのだろう? 
 
オオモンハティング?大門ハンティング?オモング?オモハティング?・・・
 
・・・あぁ、単に「ロックフィッシュゲーム」でいいのか・・・ぴよこ_酔っ払う
 
 
(追加余談)
 
smallfishさん、調査しますよ!

スポンサーリンク

コメント

  1. チロル (チョコ?) より:

    チロルです。
    土曜日はありがとうございました。
    また機会がありましたら一緒に釣りをしましょう。
    オオモンハタは私も釣ったことがないので
    クロダイ狙いの時にマイクロワインドの
    準備を持っていこうと思います。(^^)/

  2. ジェントルワタナベ より:

    オオモンハタ!?
    知らない魚だ…
    デカサバ、シイラ、オオモンハタ
    やっぱこっちとは釣れる魚全然違うすね(゜-゜)(。_。)
    遠征したくなりますね(笑)

  3. ゆたりな より:

    チロルさん、こん○○は!
    こちらこそ、お会いできて嬉しかったです。
    サバの釣果も流石です!
    今度は是非ともチニング、お願いしますよ!( ゚Д゚)ノ タノンマスヨ!
    オオモンハタは、マイクロワインドでなくても釣れると思います。
    アクションは完全にワインドで釣ったわけではないので・・・。
    富山のキジハタ狙いと同じやりかたで問題ないと思います。
    ただ、根掛かり防ぐのにはコツがいるとは思いますが。
    今後ともよろしくお願いします!

  4. ゆたりな より:

    やぁ、ジェントル師匠!
    確かに、日本海側とは違いますよね。
    そちらで釣れるソイは、こちらでの「ムラソイ」とは違うんでしょうかね?
    富山でもムラソイは釣れましたが。
    それにしても、そちらで釣れている本マグロは圧巻ですなぁ!
    私こそ遠征したいくらいですよ!
    あぁ、羨ましすぎるヽ(゚∀゚)ノ

  5. あいす より:

    オオモンハタって・・・
    美味いんですか?(そこかw)
    ハタハタなら知ってるんですが(笑)
    こちらとはショアから狙える魚が違うみたいですね^^;
    もうそろそろこちらではアオリの新仔シーズンも始まりますが
    そちらでも同じなんでしょうか?(o^―^o)ニコ

  6. ジェントルワタナベ より:

    >ゆたりなさん
    そう、それだと思うムラソイ(゜-゜)(。_。)
    沖にいるデカイのはクロソイみたいだけど岸壁のはムラソイぽいです
    ホンマグロはね、青森の有名船予約できれば高確率で釣れます!

  7. ゆたりな より:

    あいすさん!
    ハタ類はキジハタだろうがオオモンだろうが、高級魚ですよ!
    柔らかい身は刺身,煮付け共に最高です。
    こちらももうそろそろアオリの新子シーズンです。
    タチウオもショアから釣れるし、今からいろいろと楽しみです!

  8. ゆたりな より:

    ジェントル師匠!
    クロソイは、こちらでは聞かないなぁ。
    ホンマグロ・・・あぁ、資金が無い・・・(TT)
    いずれにせよ、今の私には夢ですなぁ!
    ショボくれたとっつぁんに夢を!!!