リールストップラバー(ゼナック) その後

先に遠征予告をしていたが・・・悪コンディションのため、今週の遠征は無しに。久しぶりのサーフ釣行だっただけに、気合を入れて準備してたんだが。
 
 
「鋼鉄ジーグ」バリの不死身の男・不肖ゆたりなも、さすがに地球規模の変化には勝てない・・・まぁ、今週でなくとも、行くことには変わりないのですがね!
 
 
・・・
 
 
さて今回は、遠征までのネタ繋ぎということで、昨年に紹介したリールシートの緩み防止のために導入したリールストップラバー(ゼナック)を1年間使用しての評価をしたいと思う。
 
 
TS3W0658
 
 
前回記事:リールシートの緩み防止に!(2015.10.26)
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼナック リールストップラバー ロング
価格:756円(税込、送料別) (2016/11/9時点)

こちらはロングタイプ。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼナック リールストップラバー ショート
価格:756円(税込、送料別) (2016/11/9時点)

こちらはショートタイプ。
 
 

リールストップラバー、1年間使用後の評価

 
 
旧シューティングサーフ96で釣りをしていると、キャストの度にリールシート部分から「ミシッ」という音が頻繁にしており、リールシートの緩みが気になって、なかなか釣りに集中できないことが続いていた。そこでこのリールストップラバー(ゼナック)を使用してみた次第である。
 
 
約1年間、シーズンを通して使い続けたが、現在まで、リールシート部分の「ミシッ」という音もなければ、実際に緩んだということは一度も無かったし、緩みが気になって釣りに集中できないということも無かった。
 
 
TS3W0661
 
 
耐久性についても、全く問題なし。1年間使い続けて、途中でラバーの破れ等は一切なし。
 
 
rsr02_b
※ゼナックHPより引用
 
 
今回のオレのケースでは、リールシートとリールフットの間に装着したが、他にもナットを締めた上から装着することで、緩み防止効果だけでなく、手のひらに当たる部分の感触がソフトに感じる利点もあるようだ。リールを装着するたびにラバーを被せるので少々面倒ではあるが、該当するリールシート搭載のロッドを所有している方は、やってみてはどうだろう?
 
 
数千円程度でリールシート自体の改造も検討したが、改造失敗のリスクを負うよりも、たかだか800円程度でリールシート緩みが完全に解消できるんだから、本当に満足している。
 
 

スポンサーリンク

リールストップラバー、使用の注意点

 
 
ただしこのリールストップラバー、装着する際には注意が必要。
 
 
製品についている取説を見てみると・・・
TS3W0662
「装着時などには爪などで傷を付けないよう、注意してください。傷が入ると避けやすくなります。」とある。
 
 
確かにその通り。取説をしっかり見ないでやると・・・
 
 
TS3W0659
実際に爪を立てて装着しようとしたので、破けちゃった!
 
 
けっこう破れやすいので、装着時には注意。ただし、いったん装着してしまえば、引っ掻き傷でもつけない限り、そうそう破れることは無いのでご安心あれ。
 
 
 
ちょっとした小物ではあるが・・・”要チェックやわ!”(← 相田彦一の姉ww)
 
 
 
 
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼナック リールストップラバー ロング
価格:756円(税込、送料別) (2016/11/9時点)

こちらはロングタイプ。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼナック リールストップラバー ショート
価格:756円(税込、送料別) (2016/11/9時点)

こちらはショートタイプ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする