15 エクスセンス S1000MH/R ワイルドコンタクト

ようやく釣り復帰したはいいが・・・如何せん、朝起きられない。更には行こうと思うと、波が高かったり、天気がよくなかったり。最近のご近所サーフの状況を聞いても、あまり良くないようだし。
 
 
こうなったら、いきなり遠征行っちゃうか?ww
 
 
昨年の良き思い出を元にイメージトレーニングをして、いざ、遠征へ!(結果は如何に?) 
 
 

スポンサーリンク

 
 
その前に、以前からちょーっと気になっているサーフ用ロッドがあるのよ・・・皆の衆、どう思うかね?
 
 
その名は、シマノの15エクスセンス S1000MH/R。別名、ワイルドコンタクト。
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ 15 エクスセンス S1000MHR
価格:53865円(税込、送料別) (2016/11/3時点)

 
 
シマノのシーバスインストラクターの鉄人・松岡プロデュースのロッド。
 
 
img02
※シマノHPより
 
 


 
 
スパイラルX+ハイパワーX,エクスフィットシートCI4+,トルザイトリング採用,等・・・シマノ最高峰のシーバスロッドにふさわしい機能が揃っているのは当然のことだが。
 
 
そんなことよりも、オレがこのワイルドコンタクトで気に入っているのは、大まかに2点。
 
 

スポンサーリンク

“硬くて曲がる”ロッド

 
 
鉄人・松岡氏曰く、ワイルドコンタクトに求めたのは、「硬くて曲がる」ロッド。
 
 
バイブレーションをリフト&フォールする際には、しっかりとリフトできる操作性。向かい風をもろともせず、しっかりと振り切ることのできるキャスト性能。とはいえ、硬いばかりでなく、不可に応じて適宜曲がる追従性。しっかりとフッキングへ持ち込むことのできるフッキング性能。いずれもサーフゲームで必要となる性能である。
 
 
そしてなによりも気に入ったのは、「ワイルドコンタクト」の名前に反映されているという、ルアーをボトムコンタクトさせる際の感度。
 
 
ご近所サーフのような水深のある、玉砂利の根が点在するようなフィールドでヒラメ,マゴチを狙うのであれば、このボトムコンタクト性能は必須。特にオレの場合、ボトム攻めではMJリグを多用するわけだが、MJリグ自体の根掛かり回避能力を最大限に発揮するためには、やはりロッドにも繊細なボトム感知性能は是非とも求めたい。
 
 
実際に振ってみると・・・かなり張りが強い。ハッキリ言って、「棒」という印象だが、これが負荷をかけるとしっかり曲がるのか?
 
 

RVガイド

38981_feature1_s
※シマノHPより

ヘビールアー使用に対する高剛性やガイドのパワーロス減少等、このRVガイドの機能はあるようだが・・・ハッキリ言って、オレ的に注目するのは、単に見た目。あまり見ることは無いし、カッコいいし。
 
 
 
2つ目のRVガイド云々はハッキリ言ってどーでも良いが、この”硬くて曲がる”ワイルドコンタクトは、絶対にご近所サーフに向いていると思うよ。
 
 
MJリグは先述の通り、最近多用しているショアスローにも向いていると思う。更には適正ルアーウェイトも8~45gと幅広いため、軽めのルアーから重めのルアーまで使え、しかもこれ、サーフエギングでも良いんじゃないの!
 
 
自重も162gと軽いため、ランガンするにも最適。オレの求めるサーフでの「万能ロッド」ではないかと思う。
 
 
この張りならば、どれだけルアーを飛ばせるのか?シマノ独自のロッド技術であるスパイラルX+ハイパワーXの効果の程を是非とも試してみたい。
 
 
今の仕事がうまくいって稼げたら・・・買うかな。夢が実現できるよう、現実を頑張りましょうかね!
 
 
 
それよりもまずは、近いうちに行く遠征を頑張っていきますよ~!
 
 

スポンサーリンク

コメント

  1. Jyabiho より:

    どうもお久しぶりです
    Jyabihoでございます

    このロッド
    スペック的にかなり気になりますね〜
    磯ヒラ用なんですかねー?にしてはやや短いかな?

    自分としてはシマノさんのロッドは硬い印象しかないんですが
    そのシマノさんが硬いっていうのはどうなのかなーと思ってしまいました。

    復帰おめでとうございます。
    いい季節になりましたしジャンジャン釣ってまたおもろい記事お待ちしてます。

    こちらサーフは激混みで週末なんて管釣りかと思うぐらいになってますよ。
    ちょいとサーフから離れ気味で狙ってます。

    • ゆたりな より:

      Jyabihoさん、ご無沙汰しております!コメントありがとうございます!

      ワイルドコンタクトは、磯ヒラ用とまではいかないようですね。「硬い」といっても、どんな感じなんだろーなーと、かなり興味津々です。

      ご期待通りジャンジャン釣れるかは定かではありませんが、釣行記事をガンガン入れたいと思いますので、釣果とは違った、不肖ゆたりなのギャグセンスを見てください!