BC-26 バックチャター、この使用感は・・・

昨日の夕方、時間が空いたので、ご近所サーフにてBC-26 バックチャターを使ってみましたよ(釣れなかったけど^^;)。
 
 
201607291

 
 
コンディションは波,うねり共に小さく、潮の流れはほとんど無し。わずかに向かい風。
水深があり、根がキツイご近所サーフでのテスト。
 
 

スポンサーリンク

BC-26 バックチャターの実力は?

 
 
まずはキャスト。
 
 
同じコアマンのブレード系ジグであるIP(アイアンプレート)と違い、飛行姿勢は思いの外、良い。すくなくともクルクル回ることはほとんど無い。
 
 
飛距離もさすがにジグ並みとまではいかないが、70m以上は確実に飛んでいる。これならば、サーフで使用しても、モチベーションはキープできる。
 
 
ボディー上部に固定されたダブルフックがリーダーに絡むといったトラブルは、この時点では全く無かった。トラブルレスと言う点でも良し。
 
 
しっかりとした着底感もあり、感度もgood。
 
 
シャローエリアを想定したルアーのようだが、比較的水深のあるご近所サーフでも、極端に早く浮き上がるというわけではなく、リトリーブスピードにもよるが、通常のメタルジグ(オレの基準は、スメルト30g)とそんなに変わらないといった印象。
 
 
ブレードがあるため、さすがに強風下での使用は厳しいとは思うが、それでも、ある程度の悪条件下でもストレス少なく使い続けられるだろうなという印象。
 
 
根掛かりは一度もしなかったわけだが、さすがに買ったばかりで根掛かりロストは怖かったため、多少根が少なめな場所で試したので、完全に根掛かりに強いとはまだ言い切れない。これは今後も使い続けて検証していきたい。
 
 
しかし・・・ハッキリ言って、それ以上に驚いたのは・・・
 
 

BC-26 バックチャター この泳ぎは・・・

 
 
 
とにかく驚いたのは、バックチャターの泳ぎ。
 
 
竿先には動きの大きさはそれなりには伝わるので、まぁそこそこ泳ぐな~とは感じていたが、足元での泳ぎを実際に目視したとき、正直かなり驚いた。
 
 
これこそ長嶋語で言うならば、バタバタ,ヨロヨロ,キラキラ・・・今までのルアーには無い、大きな不規則な動きがするのだよ!
 
 
この動きは何と言って良いのか・・・と思い、バックチャターの泳ぎ動画を探していたら、ありました!↓
 
 


 
 
この動画では距離が短すぎるのだが、このバタバタ加減に更に不規則なヨロヨロ感が出るのだよ。
 
 
これならば、ご近所サーフでのフラットフィッシュは当然のこと、飛距離もあるので、表層を泳がせての青物,特にシイラに効果的ではないかと思う。ガンガンにバラすと思うが・・・
 
 
あとこれ、ゴロタ浅瀬でのキジハタ狙いにもイケそうな気がする・・・そう、近く遠征する富山でも試してみるつもり。
 
 
 
 
とにかく、全体的な使用感は申し分ないといった印象。 
 
  
いずれにしても、シャローエリアのシーバスだけに使用するのはもったいない。
 
 
先入観を持たずに、引き続き使い続けていきますよ!(^0^)
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. bmwk100 より:

    ルアーの飛距離もまずまずで、動きがとっても好きかも!
    青物専用ですか?
    今後の釣果を楽しみに待ってまーす。

    • ゆたりな より:

      bmwk100さん、こん〇〇は!

      バックチャターは、シャローエリアのシーバス用に開発されたようです。だからフックポイントを上向きにして、根掛かりを防ぐ構造になっているのでしょうね。
      とはいっても、下側にもダブルフックを設置できる構造にはなっています。
       
      富山のシャローエリアでも試してみたいと思います!

  2. しんや より:

    はじめまして!

    BC26、ずばり釣れますね!
    防波堤やボートで数回使用しましたが明らかに反応良いです。
    シーバス狙いでしたが、サゴシと太刀魚そしてキジハタもGETしました。
    キジハタは堤防で意図せずにキワに落ちて、着底後巻き上げたら釣れてました!

    釣れるんですがバラシも多い気がするんですよね。
    丸のみされたと思われるラインブレイクもありです。

    • ゆたりな より:

      しんやさん、アホアホブログへようこそ!

      やはり、BC26釣れますか!

      最近のキワモノルアーは総じて泳ぎ重視で、飛距離が出ないものが多いのですが、これはいいですね。悪条件下でもテンションを維持できそうです。
      まぁ構造上、バラシは多いでしょうね。上側のフックが大きめのシングルフックだったら尚良かったんでしょうが、構造が更に複雑になるでしょうからね。

      シーバスルアーにはもったいない、いろんな魚種を釣ってみたいルアーですね!